« 7つの贈り物 | トップページ | ジェネラル・ルージュの凱旋 »

2009/03/08

マンマ・ミーア!

Mm ピアース・ブロスナン様
ラジー賞最悪助演男優賞 受賞おめでとうございます

今日本では「肉食女子」なる言葉があるけれど、さすがに肉を主食とする国は違う。「肉食熟年女子」。いや、もはや「恐竜」だ。ギリシャの島を舞台にして、3頭の恐竜が男たちをむさぼり食う。これは「ジュラシック・パーク」の新作なのかも知れない。

「娘の結婚式と、母の元恋人3人からの父親探し」。そういうストーリーであれば、母親が主役の一角を占めるのは当然だが、式に招かれた母の旧友2人は一体…。「一夜限りの再結成」から、パックリと地獄の釜がふたを開ける。

本来は主役のはずなのに、すっかり影が薄くなってしまった娘も気の毒だが、本作で一番涙を誘うのは父親候補3人衆である。元恋人からの招待状をもらって、意気揚々と島に乗り込んでくるまではよかったものの、自分たちがゲストなのではなく、自分たちがゲストに振る舞われるのである。まさにギリシャ版「注文の多い料理店」である。

人生の半分を過ぎると、男は下り坂になるけれど女性はそうではないことがよくわかる。ヨットの上で、昔は暴れん坊だった男たち3人が歌う唯一の歌が、ノスタルジックに「あの頃」を振り返るものであることが象徴的。女性は今でも「Gimme! Gimme! Gimme!」ですから、まったくかないません。

ブロスナンは音痴ではないけれど歌は平板。でも最悪というほどではないだろう。というよりも、これはどんな男が演じても最悪なのだ。男の情けなさだらしなさみっともなさ。逆にいえばそれをストレートに表現できたブロスナンは実は好演だったのかもしれない。「ボンドといえば胸毛」ということなのか、クライマックスでのゆるんだ胸毛姿のさらしっぷりも、まさに涙、また涙である。

なにはともあれ、一夜の宴には屠られる羊たちが必要だ。『どんなことがあっても笑っていよう』、この映画のサイトにはこう書いてある。ほんとに笑いながら、頭からバリバリ食べてます。

#205

|

« 7つの贈り物 | トップページ | ジェネラル・ルージュの凱旋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/44280343

この記事へのトラックバック一覧です: マンマ・ミーア!:

» マンマ・ミーア! 2009-8 [観たよ〜ん〜]
「マンマ・ミーア!」を観てきました〜♪ エーゲ海に浮かぶ小島、ドナ(メリル・ストリープ)に育てられたソフィ(アマンダ・セイフライド)は、結婚式を明日に控えていた。幸せいっぱいのソフィだったが、彼女の願いはまだ見ぬ父親とバージンロードを歩く事だった・・・ ソフィはドナの日記を盗み読み、父の可能性のある3人の男性に招待状を送る・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、懐かしい歌が響き渡るかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンク... [続きを読む]

受信: 2009/03/08 19:30

« 7つの贈り物 | トップページ | ジェネラル・ルージュの凱旋 »