« DRAGONBALL EVOLUTION | トップページ | ワルキューレ »

2009/03/29

ウォッチメン

W Love & Peace

長い間映像化不可能とされ、また何度も映像化が目論まれてきた作品だということ。なるほど『裏・近代史』とでもいうべきその世界は、スケールが大きく魅力的。その世界がセリフやナレーションといった言葉ではなく、映像で説明されていく部分も素晴らしい。一見説明不足のようでもあるが、それがまた見る者のイマジネーションを刺激する。「ああなのかな、こうなのかな」いろいろ想像をたくましくしながら見ているのがとても楽しい。

設定は『Mr.インクレティブル』である。というより、あっちがこっちへのオマージュなのかも知れない。でもあっちと違って真っ黒で、血と暴力に満ちあふれている。事前のイメージほどアクションシーンは多くない。しかし、とてもヴァイオレンスだ。

長い映画だけれど、長さを感じさせないだけの面白さがある。でも、決定的な弱点も。それはやはり、映像化が『おそすぎた』ことだ。

冷戦。二つの超大国。核の恐怖。世界大戦。人類滅亡。

この作品は、たぶんあの時代でなければ生まれ得なかった。終末への怖れと、そんな愚かさへの強い反発。名作は時を超えて楽しめるけれども、それでも時代を色濃く反映している作品もある。

みんなはもう、知ってしまった。壁は取り払われた。終末は回避された。でもそこはユートピアじゃない。新しい秩序のなかで、先の見えない不幸が無限に連鎖しながら続いていく。きっとあの頃よりもたくさん、今は人が死んでいる。終末時計は止まったけれども、そのままゆっくり、腐っていく。

現代の顔のない脅威と、広く蔓延していく狂気と。同じ闇に生きるヒーローを描いた作品としては『ダークナイト』の方が、より強く『今』ならではの閉塞感を映していたかも知れない。

それでもノスタルジックなこの作品の、価値が損なわれるわけではない。

#210

|

« DRAGONBALL EVOLUTION | トップページ | ワルキューレ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/44503314

この記事へのトラックバック一覧です: ウォッチメン:

» ウォッチメン-★★★★- [not simple.]
さてさて、非常に楽しみにしていたウォッチメン。非常にダークな物語ときいて観にいってきました!時代はニクソンが3回目の大統領になった頃です。スーパーヒーローたちは町の秩序を乱すということで、行動を禁じられ引退を余儀なくされているという設定です。... [続きを読む]

受信: 2009/03/29 22:13

» ウォッチメン ニクソンさんったらまたまたこんにちは! [労組書記長社労士のブログ]
【 20 -5-】 昨夜は、東京から仕事で来られていたフリスコ社労士事務所の桑原さんと京橋にて粉まみれ宴会(←お好み焼き屋に行ったってこと)。 急遽、桑原先生の東京でのお知り合いで先月から兵庫で開業されている方も参加されたのだが、お話ししていると、去年、登録されて間がないのに支部の忘年会にいきなり参加、そしてそのまま二次会に拉致されていた勤務社労士の方がいたが、その方とご夫婦であることが判明。 まさか東京を一度経由して、ブーメランのような飛行経路を辿ったご縁になるとは、こりゃびっくりだ(笑)  ケ... [続きを読む]

受信: 2009/04/02 11:30

» 映画「ウォッチメン」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:WATCHMEN 最初に企画されてから何度も挫折し実現に23年を要したというだけあって、観るほうにとっても難しい映画、アメコミファンならけっこう大歓迎かもしれない~ 世界観はとてつもなく大きく、舞台は月や火星までと広い、のに、やたらとスマイル・バッジがクロ... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 12:13

» 「ウォッチメン」 風刺・比喩・象徴に富んだ異色ヒーローストーリー [はらやんの映画徒然草]
しかし、よくぞこんなにカルトなファンが喜びそうな濃い作品を堂々と作ったなあ。 自 [続きを読む]

受信: 2009/04/05 17:14

« DRAGONBALL EVOLUTION | トップページ | ワルキューレ »