« ウォーリー | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

2009/02/01

20世紀少年-第2章-最後の希望

202 オラハシンジマッタダ

登場人物が多く、話も入り組んでいる本シリーズ。約半年という前作からのサイクルは、ギリギリ筋書きを忘れずに済む長さだろうか。本作は前作の15年後が舞台。20世紀少年たちの活躍はちょっとお休み。基本的には次世代の物語となっている。

物語の構成要素をなるべく切りつめて、とにかく場面を切り替えながらどんどん進む。そんな映画のスタイルは前作と同じ。ドラマ的には相当薄味になるものの筋がわからなくなるほどではなく、薄味さはコミック由来のスピードで補う。賛否両論だと思うけれど、長めの上映時間を飽きさせないその作りは、脚本・編集が優れているからではないだろうか。原作の持つ物語の面白さにしっかり寄りかかりながら、うまく取捨選択しながら駆け抜けていると思う。

前作のラストで吹き出した巨大な陰謀が、本作ではすっかり世界を覆う。ドラマ的には前半と後半の橋渡し、中継ぎ的な役割を負うため若干地味な展開となる本作だけれど、「ともだち」の正体探しを軸に、さまざまな謎をちりばめながら観客の興味を引いていく。ほとんどが謎のまま次作に持ち越されているので、本作としてのカタルシスに欠けるのが残念ではあるけれど。

さあ、世界は真っ暗闇。
次は20世紀少年たちの最後の大活躍を期待していますよ。

#200

|

« ウォーリー | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/43920703

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年-第2章-最後の希望:

» 20世紀少年 -第2章-  [Akira's VOICE]
同級生を思い出そう。   [続きを読む]

受信: 2009/02/01 10:59

» 20世紀少年<第2章>最後の希望 2009-7 [観たよ〜ん〜]
「20世紀少年<第2章>最後の希望」を観てきました〜♪ 『血の大晦日』から15年後の2015年、巨大ロボットと戦ったケンヂたちの行動はテロ行為として学校の教科書に載っていた。行方不明と成ったケンヂに変わってユキジ(常盤貴子)に育てられたカンナ(平愛梨)は、そんな世の中に反発し、問題児とみなされていた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、最終章は面白くなるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2009/02/08 20:09

» 映画:20世紀少年-第2章-最後の希望 [よしなしごと]
 前作は、登場人物が多くてよくわからなかったという反省点をふまえ、原作を読んで予習。その想像を遙かに超えたスケールの大きな話にすっかりファンになってしまった僕。というわけで20世紀少年-第2章-最後の希望を観てきました。... [続きを読む]

受信: 2009/02/15 22:20

» 20世紀少年<第2章> 最後の希望(2008) [萌映画]
「20世紀少年」の続きを見てきた。第2章。そしてまだトモダチの正体は明らかにならない…。 「2015年、しんじゅくのきょうかいで きゅうせいしゅはせいぎのためたちあがるが、あんさつされてしまうだろう」 しんよげんの書を実現すべく物事は動く。 そんな中、高校生に成長したカンナ(平愛梨)が大活躍。無敵です! カンナの同級生の響子(木南晴夏)がものすごく脱力系キャラなのだが、それが厭味にならないところが素晴らしい。 今回はこの2人と、無駄にかっこいいオッチョ(豊川悦司)でお腹一杯である。 活劇としては1... [続きを読む]

受信: 2009/03/30 14:17

« ウォーリー | トップページ | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 »