« 007/慰めの報酬 | トップページ | 20世紀少年-第2章-最後の希望 »

2009/01/31

ウォーリー

We 0と1と
おもうこととおもわれることと

たったひとつの役割を与えられ、それに従って生きるウォーリー。0と1と、それがルール。しかし700年のうちに少しずつ生じたゆらぎ。持つはずのない好奇心。それはバグなのかもしれないし、魔法なのかも知れない。

イヴも同じだった。たったひとつの指令を与えられ。0と1と。目の前にあるのは探査対象か排除対象。ウォーリーも例外ではなかった。

でもイヴは見た。緊急停止中の記録映像。そんな必要は全然ないのに。それなのにウォーリーは。雨の日も晴れの日も、嵐の中も雷の中も。ずっと心配して、寄り添っていたんだ。ちょっと乱暴で、ちょっと怒りっぽい、そんなイヴをずっと思っていたんだ。

たくさんおもわれていることを知って、ウォーリーは探査対象でも排除対象でもなくなった。おもうこととおもわれることと。それは作用と反作用。ウォーリーからイヴ、イヴからウォーリー。向きは逆で、強さは同じ。

バグだったら、基盤を変えれば治ってしまう。何もなかったかのように、戻ってしまう。でもパルスの閃きが、基盤を走る何かが。

奇跡が起こったのは、それが魔法だったからかもしれないね。

#199

|

« 007/慰めの報酬 | トップページ | 20世紀少年-第2章-最後の希望 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/43907429

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーリー:

» 映画「WALL・E/ウォーリー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:WALL・E Wall-EとはWaste Allocation Load Lifter-Earth Classのこと、ただのゴミ処理ロボットではない~切なくも微笑ましいウォ~リィーとイ~ヴァの恋の物語~ 地球上のゴミをひたすら集めてはパックして塔に積み上げる、それがゴミ処理ロボットの... [続きを読む]

受信: 2009/01/31 01:19

« 007/慰めの報酬 | トップページ | 20世紀少年-第2章-最後の希望 »