« デス・レース | トップページ | ウォーリー »

2009/01/18

007/慰めの報酬

Qos どこへ行く…

前作「カジノ・ロワイヤル」は、もはやかってのシリーズでは無いけれど、映画としてはおもしろかった。もう戻らないことはわかったけれど、納得できた。本作も路線としては前作の延長だ。ハードな映像、ハードなボンド。でも本作のハードはどこかが違う。ハードではあるけれど、整理され磨かれすぎている。映像が整ってきれいすぎている。前作はまったく新しいボンド像を見せたけれど、本作はそれを「頭で」なぞったような印象だ。

最近のアクションシーンの流行は、クローズアップ+手持ちカメラ。これを短いカットでつないでスピード感を出す。なにをやっているのかわかりにくいので個人的には好きではないけれど、流行だからしかたない。でも本作はあまりにカットが短く早過ぎる。シーン自体の長さも短いので、どんどん進んであっというまに終わっている。本作のこの傾向はアクションシーンだけではない。結果としてこの映画は、まるで絵コンテのようにダイジェスト感一杯だ。

ハード風なスタイリッシュ映像を短いカットでつないで、バックには美麗な音楽。格好はいいけどもはやイメージビデオか予告編か。映画的な面白味はとても少ない。アクションのハラハラも、人間ドラマも、そこにはない。

話はよくできているのですよ、たぶん(映画としてはあまり語られないので、頭で補う必要がありますが)。東も西も北も南もない現代の国際社会。復讐と任務の間で揺れるボンドと彼を思う上司。見えない黒幕とうっすら浮かび上がる謎の組織。一応ポール・ハギスですから、それなりのお話です。映画は長ければいいとはいえないけれど、「カジノ・ロワイヤル」が144分、本作が106分。前作より複雑な本作のストーリーを40分も短い尺で、物語を語れないスタイリッシュなぶつ切り映像で。完全に間違ってる。

監督はアクション映画は初めてだとか。「主人公は僕だった」…あれはおもしろかったのに。適材適所、大切ですね。鼻血をだすボンドも切り傷だらけのボンドも諦めるけれど、せめて映画としては楽しませてほしかったな。

前作のコピーは「ジェームズ・ボンドが007になるまでの物語」。
まだ、なれてませんけど…
というより、もうなれないよ。きっと

最後の取って付けたようなガンバレルに涙…

#198

|

« デス・レース | トップページ | ウォーリー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/43770874

この記事へのトラックバック一覧です: 007/慰めの報酬:

» 007/慰めの報酬(2008) [萌映画]
007の22作目、ダニエル・クレイグのボンド2作目の「慰めの報酬」を先行上映で見てきた。 前作「カジノ・ロワイヤル」の直後という設定のようだ。 いきなり暴力的カーチェイス! なんで追われているのかと思ったらトランクにMr. White。前作の最後で銃を突きつけて、そのまま拉致ってきたらしい。そして舞台はバチカン? そして…。 と、書いていくと激しくネタバレになるのでやめておく。 とにかく、作品全体としては前作の「駆け出しボンド君」感をそのまま踏襲し、あらまぁ、あらまぁ、な展開に。 なので、前作が... [続きを読む]

受信: 2009/01/19 10:19

» 007/慰めの報酬 [Akira's VOICE]
復讐の味はビター。   [続きを読む]

受信: 2009/01/26 10:52

» 007/慰めの報酬 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
今年初の劇場鑑賞だぁ〜い興奮したのか、鑑賞後に高熱が出たぞ〜い(39度も・汗 ふらふら〜)【story】愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、彼女を操っていたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)をM(ジュディ・デンチ)とともに追及し、新たな悪の組織の陰謀を知る。謎の女カミーユ(オルガ・キュリレンコ)を通して、組織のドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が南米のある政府の転覆と同地の天然資源を手にしようとしているのを知ったボンドは、自らの任務... [続きを読む]

受信: 2009/01/28 19:09

» 「007/慰めの報酬」メチャクチャもの凄い!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[007/慰めの報酬] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2008年11月12日16:22 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ダニエル・クレイグ主演、007シリーズ最新第22弾。「007/慰めの報酬」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。前作「カジノ・ロワイヤル」からの、完全な“続編”(前作のラスト・シーンの1時間後から始まるという設定)として作られた本作。ダニエル・クレイグ、渾身の“シリアス・ボンド”第2弾。さあ、如何なる仕上がりになっておりますでし... [続きを読む]

受信: 2009/01/30 19:27

» 映画「007/慰めの報酬」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Quantum of Solace ダブルオーセブンを劇場鑑賞したのは生涯2度目だけど、随分様変わりしたよね、前作カジノ・ロワイヤルの続編、慰めの報酬とは裏切り者を処刑すること!? 最愛の女性ヴェスパーをうしない悲しみにくれて復讐心を秘めるジェームズ・ボンド(ダニ... [続きを読む]

受信: 2009/02/01 11:37

» 007/慰めの報酬 2009-03 [観たよ〜ん〜]
先行上映で、「007/慰めの報酬」を観てきました〜♪ 愛するヴェスパーを失ったボンド(ダニエル・クレイグ)は、ヴェスパーを操っていたMr.ホワイトを追求するうちに、新たな悪の組織の陰謀を知ってしまう。環境保護団体の幹部であるドミニク・グリーン(マチュー・アマルリック)が企てる目論みだった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、復讐できるかも!? ... [続きを読む]

受信: 2009/02/04 19:53

» 007/慰めの報酬 [映画、言いたい放題!]
やっぱり気になる007シリーズ(笑)。 DVDで鑑賞。 愛するヴェスパーを失ったジェームズ・ボンドは、 彼女を操っていたミスター・ホワイトを尋問し、 背後にある組織の存在を知る。 捜査のためにハイチへとんだボンドは、 知り合ったカミーユを通じて、 組織の幹部のグリ... [続きを読む]

受信: 2010/03/25 17:30

» 007/慰めの報酬 (Quantum of Solace) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 マーク・フォスター 主演 ダニエル・クレイグ 2008年 イギリス/アメリカ映画 106分 アクション 採点★★★ えてして、「気にしてないよ」って言う人に限って気にしてるし、「根に持ってないから」って言う人は結構根に持ってるし、「怒ってないから」なんて言い出した..... [続きを読む]

受信: 2010/06/28 13:22

« デス・レース | トップページ | ウォーリー »