« 容疑者Xの献身/東野圭吾 | トップページ | パコと魔法の絵本 »

2008/10/01

ウォンテッド

WantedGOODBYE

ティムール・ベクマンベトフ監督。「ナイト・ウォッチ」シリーズの監督である。地元ロシアで制作を行ってきた彼の、ハリウッドデビュー作が本作である。物語自体はなんの接点もないけれど、全体の雰囲気が「ナイト・ウォッチ」と似ているのがおもしろい。それは作品を包み込む、独特の「価値感」によるものだ。

善と悪。明と暗。正と邪。裏と表。あらゆる価値が相対的で絶対的でない。だからなにもよりどころにできない。なにも頼れない。でもとても強い「流れ」はある。「流れ」だけがある。「流れ」に乗って流されるのか。「流れ」に逆らって進むのか。全てが「自分」しだい。そんな荒涼とした、荒廃した世界観がとてもおもしろい。

その象徴がフォックスだろう。「意思」に対する固い信頼。それゆえの見事な散りざま。端から見ても意味がない生き方。でもそれは彼女にとっては大切なやり方。無情のなかに情があり、感情の中に虚無がある。両極が入り交じった、カオスのなかで生きているのだ。

その映像処理などから何かと「マトリックス」を引き合いにだされるベクマンベトフ監督。でも本作も「ナイト・ウォッチ」も、「マトリックス」みたいな無害ないい子とは違う。もっと歪んでいて割り切れなくて、そして鮮烈だ。

まったく覚えられないであろう名前の監督だけど、これからも注目していますよ。

#192

|

« 容疑者Xの献身/東野圭吾 | トップページ | パコと魔法の絵本 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/42653786

この記事へのトラックバック一覧です: ウォンテッド:

» ウォンテッド ありえねーより素晴らしい、新次元は本当だった。 [もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)]
タイトル:ウォンテッド、製作:アメリカ(ロシア人監督) ジャンル:ハリウッド超大作アクション/2008年/110分/R15 映画館:TOHOシネマズ梅田(747+4席)13:00〜、450人 鑑賞日時:2008年9月23日(祝/火) 私の満足度:75%(私のアクション映画史上最高かも?)  オススメ度:75% うぅ−ウォンテッド と言えばピンクレディー。きっと中年男が 日本向けのタイトルとして考えたんだろうと思ってたら原題で ビックリ。失礼しました。私が中年でした。祝日でもあり折角 田舎から大阪... [続きを読む]

受信: 2008/10/04 23:00

» ウォンテッド(2008) [萌映画]
途中で気がついた、これR-15だった! ってことで、がんがん宣伝すんなよR-15なのに、な、キワもの「ウォンテッド」を先行上映で見て来た。 久しぶりのトーマス・クレッチマン出演のメジャー映画だよ、ってことですごく楽しみにしていたのだ。 …ええと、春には「Next」にも出てたけど、あれはケイジ映画だったから(^^; 暗殺者組織のメンバーが次々と殺される。下手人は裏切り者のクロス(トーマス・クレッチマン)、ってことで彼を向かい撃つべく、父親が暗殺組織のメンバーだったというウェスリー(ジェームズ・マカヴ... [続きを読む]

受信: 2008/10/09 10:20

» 映画「ウォンテッド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Wanted この映画は10代、20代に受けているそうで、お年寄りにはどうかとも思うけど、ビッグネームのヒロインに惹かれて、結局観に行ってしまった~確かに凄い~ 極普通の若者が使命を持って変身していくという物語の始まりはゲーム的でもあり、「ドラゴン・キング... [続きを読む]

受信: 2008/10/13 01:55

« 容疑者Xの献身/東野圭吾 | トップページ | パコと魔法の絵本 »