« 20世紀少年 | トップページ | 容疑者Xの献身/東野圭吾 »

2008/09/23

ハンコック

H 神様が人類にかけた、最後の「保険」

今年の夏の映画。同じヒーロー映画ながらも「ダークナイト」と「ハンコック」は、シリアスとコミカル、まったく正反対の印象を与える。しかしその描く「ヒーロー像」は驚くほど似ている。

「力」を持つものは孤独だ。その「力」ゆえに周囲とは差別化され、「力」が大きければ大きいほど疎外感も大きくなる。そして周囲はその「力」を自分たちのために行使することを当然だと言い、「力」を強要し「力」に依存する。そんな身勝手な弱者たち。ハンコックのようにウンザリするのは当然だ。

ではヒーロー達はなぜ助けるのか。なぜ他人のために「力」を行使するのか。

それは自分で「選んだ」から。

多くの身勝手な人々の命や安全と、自分一人の小さな幸せ。愛する人と一緒に暮らしたいとか、夜は居心地のいい暖かいベッドで眠りたいとか。大勢の命と秤にかけたらあまりに軽すぎるけれど、一人の人間としては極々当たり前の願い。他人が「重い方をとれ」というのは簡単だけれど、本人にとっては他人の命より重いもの。

それを犠牲に差し出して手にすることを選んだ「力」だから。自分の一部を殺してまで得た「力」だから。だから人のために使える。代償を払った「力」だから、もう無駄には使えない。生まれつき高潔な者がヒーローになるのではない。高潔さを身につけた者だけがヒーローになれるのだ。

ハンコックも選んだ。離れなければ維持できない「力」を、維持するために離別を選んだ。そうまでして得た「力」だから。数千年来のパートナーに背を向けてまで得た「力」だから。気高さは、決して生まれつきではない。

だから本当に恐ろしいのは、なんの代償を支払うこともなく、「力」を手にしたものたちだ。

#191

|

« 20世紀少年 | トップページ | 容疑者Xの献身/東野圭吾 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/42569404

この記事へのトラックバック一覧です: ハンコック:

» 映画:ハンコック 見てきました。 [よしなしごと]
 プロバイダにブログを削除され、映画を観てもブログにできるかどうかわからないし、映画を観る気分でもなかったんですが、家にいてもすることないしハンコックを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008/09/28 17:37

« 20世紀少年 | トップページ | 容疑者Xの献身/東野圭吾 »