« ダークナイト | トップページ | ONCE ダブリンの街角で »

2008/08/24

デトロイト・メタル・シティ

Dmc たとえ闇のように黒くても、地獄の業火のように赤くても、それも誰かの大切な夢

世間には、悪魔崇拝者も殺人者もそんなにたくさんはいない。当然わかっているのだ、演じる側も演じられる側も、それが演出であることを。でも彼らは「なりきる」のだ。教祖は教祖に、信者は信者に。なぜそんなに「なりきる」のか?別に彼らがバカだからではない。物事は「なりきった」ほうが楽しいからだ。音「楽」は、楽しい方がいいに決まっている。

そしてもう一つのメンタリティ。一般人からあきれられ、眉をひそめられ、嫌がられる。そんな一般人のネガティブな感情をかき立てればかき立てるほど、うれしい。突出したスタイルの音楽やファッションで、嫌われ者のマイノリティとなる。そんな、ある種自虐的な精神性は、実は本来あらゆるロックの根源にあるもの。どんなに商業化され、飼い慣らされていっても、ロックはそれを忘れちゃいけない。

そしてこの映画。演奏シーンの迫力は乏しいし、ロックバンドの生態もそれほど描けていたともいえない。でも、マイノリティであることの誇りや音楽への忠誠心。「なりきり」で一般人を引かせる喜び。そんなメタルのコミュニティーの本質的な姿が、なぜかしっかり描けている。こうした自虐的なメタルの姿は、好きじゃなければ描けないのではないかな。

そしてそんなメタル精神を具現化した存在が、松雪泰子扮するデス・レコーズ社長だろう。彼女の姿に感情移入できる人は少なくないはず。

人の数だけ、夢の色はあるのだから。

#188

|

« ダークナイト | トップページ | ONCE ダブリンの街角で »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/42255825

この記事へのトラックバック一覧です: デトロイト・メタル・シティ:

» デトロイト・メタル・シティ [Thanksgiving Day]
映画「デトロイト・メタル・シティ」を観に行ってきました!! この映画は原作も面白いし、安藤裕子ねえやんも注目気味だったこともあって、公開されたら絶対観ようと決めてたんですよ。 なので早速、公開初日に行ってきたというわけです。 こんな内容の映画です。 ....... [続きを読む]

受信: 2008/08/24 14:23

» 「きみの友だち」「デトロイト・メタル・シティ」映画レビュー 映画って [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
「きみの友だち」「デトロイト・メタル・シティ」 [続きを読む]

受信: 2008/08/25 21:58

» デトロイト・メタル・シティ [Akira's VOICE]
事務所選びは慎重に。   [続きを読む]

受信: 2008/08/27 10:50

» 【2008-198】デトロイト・メタル・シティ DETROIT METAL CITY [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 僕がしたかったのは・・・ こんなバンドじゃない!! [続きを読む]

受信: 2008/09/04 23:27

» デトロイト・メタル・シティ 2008-49 [観たよ〜ん〜]
「デトロイト・メタル・シティ」を観てきました〜♪ 東京の大学に合格し、上京する根岸崇一(松山ケンイチ)は、渋谷系のミュージシャンとして成功する事を夢見ていた。事務所の方針で、DMCのボーカリスト、ヨハネ・クラウザーII世をやらされている・・・ある日、同級生の相川(加藤ローサ)と再会する。クラウザーII世としての顔を知られたくない根岸は・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、「SATUGAI」されるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は... [続きを読む]

受信: 2008/09/06 07:29

» デトロイト・メタル・シティ [Sweetパラダイス]
ポップス系ミュージシャンを目指していた青年・根岸は入るレコード会社を間違え、なぜかデスメタルバンドのボーカルに。根岸はバンドを辞めたいと社長に懇願するが、自作のポップスが認められない世の中への憎悪が逆にデスメタルの名曲を生みカリスマへと祭り上げられてい...... [続きを読む]

受信: 2008/09/06 18:59

» デトロイト・メタル・シティ(2008) [萌映画]
メタルがらみでジーン・シモンズ大先生も出演というから、見ておかなくちゃと思った「デトロイト・メタル・シティ」、予想通りどーでもいいストーリー、予想外にお下劣度が低かったのはやはり大衆に見てもらいたかったからか? 見どころは松山ケンイチのクラウザーさんなりきり度合いと、デスレコーズ社長(松雪泰子)のぶっ飛び具合、かな。「ぐりとぐら」には椅子からずり落ちました(^^; ひょっとして、根岸くんのキャラがキモくてクラウザー様とのギャップに苦悩する姿に全く共感できなかったりするところもポイント? ジーン・... [続きを読む]

受信: 2008/09/11 15:06

« ダークナイト | トップページ | ONCE ダブリンの街角で »