« ハプニング | トップページ | デトロイト・メタル・シティ »

2008/08/10

ダークナイト

Dn お前は…本当に持っているのか?

ジョーカー
混乱を司るもの
狂気と恐怖、それこそが揺るぎない、人の本質だと信じるもの

デント
秩序を司るもの
理性と正義、それこそが揺るぎない、社会の本質だと信じるもの

しかし揺るぎないものなどはない、人は、社会は常に揺らいでいる。

本作を象徴する存在。それはジョーカーではなくトゥーフェイスだ。コインの裏表はそれぞれ単独では存在できない。裏と表に境界はない。正義と悪。秩序と混乱。白と黒。光と闇。それらは容易に入れ替わる。どちらが表でどちらが裏か。実は表も裏もないのだ。

悪を正す正義の力も、自らの欲望を満たすための暴力も、単にベクトルが違うだけ。どちらの暴力も、結果としてふるうものを蝕んでいく。

ジョーカーが、デントが、多くの問いを投げかける。右か左か、お前はどっちだ。自分が即答できない問題が多いのに驚く。「正しい」選択の難しさに。「正しい」ということの空虚さに。「絶対」ということの空しさに。

全編に渡って毒をまき散らし続けたジョーカーが、一度だけ毒気を抜かれた顔を見せた。楽しみにしていた花火が上がらなかったときだ。でも実際は、今この瞬間も、世界中で花火は上がっている。狂気は拡散している。

でも価値を持つものはある。表でも裏でもない、正邪でもない。他者との相対的な位置などどうでもいい。モラル、それは自己の中の絶対値。そしてそれを、ひとりぼっちで維持していく強靱さ。それらをあわせ持った、曇りひとつ無い純白と、漆黒の闇のみが持つ高潔さ。

ダークナイトとは、そういうことなのだ。

暴力的な印象が強い映画だけれど、目を覆うようなシーンは少ないし、そのような「見せ物」的な部分を売りにした映画ではない。あまりに重くて、あまりに悲痛で、あまりに美しい。アメコミなのにここまでできる。ここまでやってしまった監督も、やらせてあげたスタジオも、どちらもすごい。

#187

|

« ハプニング | トップページ | デトロイト・メタル・シティ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/42123788

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイト:

» ダークナイト(2008) [萌映画]
バットマンの最新作「ダークナイト」を先行上映で見てきた。 前作に引き続き同じ監督&キャストである。原題にも邦題にも「バットマン」はつかないんだよ、ということはかなりの自信作とみた。 前作も結構好きだったけど、本作は監督のこと忘れてて、 そうくるか、そうきたか、そうなるか!? って感じ。ジャンルのところに「サスペンス」が入っているのも納得である。 なので、ネタバレしちゃうとなんなのでまずはキャストの話…。 とにかくジョーカー(ヒース・レジャー)は怖かったですよ〜。 これ、アチラではPG13なのに... [続きを読む]

受信: 2008/08/22 09:08

» 【2008-185】ダークナイト [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 最凶の敵が、来る [続きを読む]

受信: 2008/08/30 00:20

» 映画を観るなら ダークナイト [映画を観るなら]
ーロー映画の中では、現時点で最高の映画。最初は、単にリアルにして暗く地味な展開になるだけなんじゃないかと勘ぐってたけど、こんなにボリュームがあって、息つく暇もない展開だとは思わなかった。詰め込み度はスパイダーマン3と同レベルだけど1シーンごとのクオリ.. ... [続きを読む]

受信: 2010/12/20 23:45

« ハプニング | トップページ | デトロイト・メタル・シティ »