« ONCE ダブリンの街角で | トップページ | ハンコック »

2008/08/31

20世紀少年

20 27歳は、遠い未来だった

急速に進歩する科学と成長する経済。開発による環境破壊と冷戦下の核の恐怖。そんな光と闇の間に育った20世紀少年にとって、21世紀はとても遠かった。

科学の発達による、とてつもなく高度な技術に支えられた未来社会。今いる20世紀から飛躍的に進化した文字通りの「新世紀」。そしてそんな光り輝く21世紀は、実はやってこないはずの時代だった。公害や疫病、核戦争や地震や噴火。宇宙人の襲来まで。時代の不安は多くの人類滅亡のイメージを生み出していたからだ。

そう、20世紀少年は「予言」の中で生きていたのだ。2000年12月ではなくて、1999年7月。そこで世界は終わるはずだった。20世紀少年は誰でも考えたことがある。自分の人生が何歳で終わるのかを。未来社会は決してやってこないのだと。20世紀少年は、すでに自分の人生の「先を」見てしまっていたのだ。

しかし21世紀はやってきた。単なる20世紀最後の日の翌日として。そこは未来社会でもなんでもなく、ただの延長だった。やってくるはずのないものが、やってくるはずの形ではなく、やってきてしまった。だから20世紀少年は戸惑っていて中途半端で、宙ぶらりんなんだ。そんなことを想定していなかったから。大人になるなんて思っていなかったから。

そしてこの映画は、そんな20世紀少年が、「先」を見て今まで「流して」きてしまった20世紀少年が、生涯で初めて踏ん張る映画だ。そんな20世紀少年による、20世紀少年のための映画が、60億円もかけて制作されるなんて、素晴らしい。

あなたが20世紀少年なら、きっとなにか感じるはず。

#190

|

« ONCE ダブリンの街角で | トップページ | ハンコック »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/42335893

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年:

» 20世紀少年 [象のロケット]
ロックスターになる夢を諦め、コンビニ経営をしているケンジは、最近巷で騒がれているあやしい事件の内容が、子供の頃に仲間たちと作った「よげんの書」とそっくりであることを知り驚愕する。 そして謎の教団で「ともだち」と呼ばれている教祖が、事件と関係しているのではないかと疑う…。  元同級生たちが世界の危機を救うために立ち上がる! 壮大な群像ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2008/09/08 17:10

» 20世紀少年・第1章(2008) [萌映画]
見るつもりはなかったのだが、20世紀に少年だった人々の評判がよかったので見てみた「20世紀少年」、三部作の第1章だそうだ。 なかなかおもしろかった。 いや、かなりおもしろかった、かな。 > 期待度が低かっただけに(^^; 他の方々の記事にもあったが、ほんと、子供役と大人役がよく似ていて、うまいなー、違和感ないぜー、って感じ。 ただ、佐野史郎が出てきた時は、椅子からずり落ちるくらい笑った。 < お楽しみに とにかくキャストが豪華だ。邦画もTVドラマもほとんど見ないrukkiaでも知っている人がたくさ... [続きを読む]

受信: 2008/09/11 14:57

» 20世紀少年第1一章 2008-50 [観たよ〜ん〜]
「20世紀少年第1一章」を観てきました〜♪ 1969年、小学生のケンヂは原っぱに仲間と秘密基地を作り、基地の中で『よげんの書』と称した物語を作って遊んでいた。1996年、大人になったケンヂ新興宗教の教祖”ともだち”が語る予言が、自分たちが書いた『よげんの書』とそっくりだという事に気がつく・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、『よげん』が当るかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008/09/15 19:29

» 映画:20世紀少年 観てきました。 [よしなしごと]
 原作も知らないし、当初は見ないつもりだったのですが、かなり人気もあるようだし・・・。20世紀少年を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008/09/28 19:04

« ONCE ダブリンの街角で | トップページ | ハンコック »