« Sweet Rain 死神の精度 | トップページ | ランボー 最後の戦場 »

2008/06/15

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

Indy4_2 何にも手を触れるな

予告編を見て心配だったのは、あまりにも整いすぎたその映像だった。今のCGはリアルになってリアルになりすぎて、現実以上にきれいで計算されていて、ムダが無い。どんなに大仕掛けで大爆発で大破壊でも、すべては計算通りの場所に、計算通りのタイミングで、乱れさえも計算通りで。だから残念ながらそこにはスリルはない。オリンピックの体操選手が10点満点の演技を繰り出すところを見ても、まさか失敗して大怪我するかもしれないと、ハラハラしながら見たりはしない。

それでも遺跡のビジュアルは圧巻だった。インディ・ジョーンズの世界が、トレジャーハンターの生きる場所が、圧倒的な存在感でそこにあった。秘密と死は背中合わせ。「ナショナル・トレジャー」なんか裸足で逃げ出す、これが本物の「墓荒らし」だ。

第二世界大戦も終わりナチスは消え去り、アメリカがソビエトとしのぎを削る冷戦時代。本作では、その世界にはもはやインディが冒険する余地が残されていないことも痛感させられっる。世界は狭くなり、神秘の領域は確実に消え去っていく。冒険家も国家と契約を結び、職業として、体制の一員としてでなければ、もう冒険などすることはできない。

本シリーズの中心には、いつも「オカルト」が存在した。愚かな権力は現世の力を求めて「聖なるもの」を冒涜する。インディは「触れてはいけないもの」を自覚しながら、「聖なるもの」を守る。不敬なものと敬虔なものの戦い。そしていつも最後には、不敬なものに天罰が下る。

本作には「聖なるもの」は登場しない。それは「触れてはいけないもの」かも知れないけれど、神秘ではあるかもしれないけれど神聖ではない。合理によって世界から迷信が駆逐され、神が科学に置き換わっていく。そしてインディが守ってきた「聖なるもの」は、世界から姿を消してしまうのだ。

本作の敵役スパルコもまた、過去のライバルとは異なっている。彼女は現世の力よりも自らの欲求で生きていた。「見たい」 結局はただそれだけのためにあらゆる邪魔者を排除した。貪欲ではあったけれど不敬ではなかった。というより、本作の「もの」は特に敬うべきものでも無かったのだ。だから彼女の最期は、あれは天罰ではないのだろう。より高次元の者と同化し、知識を与えられ、望みをかなえられたのだろう。それが高望みだったと、悔いることになってしまったけれども。

「聖なるもの」は世界から去り、そこには「触れてはいけないもの」だけが残った。

おやすみなさい、インディ・ジョーンズ。

もうあなたが守るべきものは、世界には残っていないのですね。

#184

|

« Sweet Rain 死神の精度 | トップページ | ランボー 最後の戦場 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/41538365

この記事へのトラックバック一覧です: インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国:

» インディー・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008) [萌映画]
19年振りのインディー・ジョーンズ4である。 時は第二次大戦後の1950年代。米ソ冷戦の時代。 ソ連の諜報部隊に捕まったインディーはあるものを探せと、どたばたどたばた…。 と、スケールも大きく展開していくお話。 予告編を見たとき、ナショナル・トレジャーとかぶるな、とか思ったけど、なんのなんの。 スケールが違いますね。 ETまで出てきちゃうし(^^; こいう冒険ものはネタバレしちゃうとなんなので、一言だけ。 今回は蟻です。 冒頭のプレーリー・ドックがつくりものくさいのは大目に見るとして…、 半分不... [続きを読む]

受信: 2008/06/21 22:33

» ★「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
先週は風邪気味だったので、公開二週目の「インディ〜」を週末ナイトショウで。 たしか19年ぶりのシリーズ最新作とかで・・・ 60オーバーのハリソン・フォードでアクションは大丈夫か・・・なんて心配されてるけど。。 こういう娯楽大作は見逃すともったいないので、 前売り券1300円払っちゃったけど、レイトショウ1200円の時間帯でも観に行ってしまいました。 ... [続きを読む]

受信: 2008/06/30 23:33

» 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」□監督 スティーヴン・スピルバーグ □製作 フランク・マーシャル □製作総指揮 ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ □原案 ジョージ・ルーカス □脚本 デヴィッド・コープ □キャスト ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感... [続きを読む]

受信: 2008/07/03 22:42

» 【映画】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国…“ヤング”とは一味以上違う続編 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
そういえば、今って“西暦2008年7月”ですねぇ… “2008年7月”といえば「未来少年コナン」で、空をギガントが飛び交って、超磁力兵器が使われて人類が滅亡の危機になる月ではありませんか…と、子供のころに観たり読んだりした未来をドンドン追い越していく昨今です{/face_ase2/} 今日{/kaeru_fine/}は天気が良かったので少し出かけたのですが、暑いです{/face_hekomu/} 娘は茶道部(?)のお茶会とやらに出かけましたが…暑いだろうねそちらも。 さて、今日は久しぶりに映画... [続きを読む]

受信: 2008/07/07 20:34

» 【2008-152】インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 全世界待望──新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる! [続きを読む]

受信: 2008/07/09 01:09

« Sweet Rain 死神の精度 | トップページ | ランボー 最後の戦場 »