« バンテージ・ポイント | トップページ | インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 »

2008/04/06

Sweet Rain 死神の精度

Sr特別ではないけれど、大切なもの

原作は短編集。そこからの3編で構成された本作は、オムニバス映画風の趣を持つ。原作からの「間引き」かたは結構絶妙。原作で用意されていた「仕掛け」も、文章ではなく映像を使いながら、巧みに仕込まれていく。最初のうちは。最初のうちだけは。

原作の「仕掛け」は決して「どんでん返し」のようなものではない。一種のスパイス。ちょっとしたプレゼント。物語の本質ではないし、それが面白さの源ではない。ネタバレしたからといって、物語がつまらなくなるわけではない。でもだからといって、この映画はちょっとあからさま過ぎやしないだろうか。

ここまで観客に「確認」させるとなると、もはや伏線ではないし、最後の驚きもない。逆に押しつけがましく感じてしまう。観客全員がこの「仕掛け」を理解しながら観ることがそんなに重要だろうか。本作は「仕掛け」が感動を生む物語ではない。察した人が「なるほど」と思ってくれればいいのだ。ここまでひけらかすと、下品に感じてしまう。そもそもチラシの裏にあんなものを載せること自体、なにも分かっていない証拠だ。

ちょっとしたプレゼントは、思いもかけないからうれしいのであって、「あげるよ、あげるよ、さあ、あげるよ」と迫られると、気持ちが悪いのである。

また、ミュージックにこだわる死神を描きながらも、劇中の音楽がいただけないのも本作のマイナスだ。ユーモラスなシーンには、いかにもユーモラスな音楽。感動的なシーンには、いかにも感動的な音楽。どこかのサンプル集から引っ張り出してきたかのような音楽は脱力もの。音楽が流れない静寂のシーンが印象的なだけに、なんとももったいない。

でも構成の押しつけがましさと音楽の不味さを除けば、小説の魅力は十分に活かされている。いつもはセリフが棒読みだの、大根だのといわれる金城武も、逆に「死神」にはぴったり。はまり役である。また最後にすべてをかっさらっていくベテラン富司純子には、わかっていてもちょっと感動させられてしまう。

原作を楽しめた人にはお勧めの映画。でも読まずに観た人に「小説もこんなものか」と思われると、ちょっと悲しいかも。

#183

|

« バンテージ・ポイント | トップページ | インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/40791649

この記事へのトラックバック一覧です: Sweet Rain 死神の精度:

» Sweet Rain 死神の精度 2008-15 [観たよ〜ん〜]
「Sweet Rain 死神の精度」を観てきました〜♪ 死神の千葉(金城武)は、不慮の事故で無くなる予定の人物に前に現れ、その人物の生死判定をするのが仕事であった。雨男の千葉、その日も雨の中死を迎える予定のOL藤木一恵(小西真奈美)の前に現れる・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、死神が現れるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008/04/14 19:51

» 死神の精度 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  原作は今どき最も旬な作家、「伊坂幸太郎」である。先日も『ゴールデンスランバー』という小説で、『2008年本屋大賞」に選ばれたばかりだ。 小説のほうは『死神の精度』、『死神と藤田』、『吹雪に死神』、『恋愛で死神』、『旅路を死神』、『死神対老女』の... [続きを読む]

受信: 2008/04/20 20:54

» 「Sweet Rain 死神の精度」 演出の意図が見えすぎてもの足りない [はらやんの映画徒然草]
僕は雨男です。 仕事柄、年に何度か広告や商品の撮影があったりするのですが、必ずと [続きを読む]

受信: 2008/04/26 07:47

« バンテージ・ポイント | トップページ | インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 »