« 魔法にかけられて | トップページ | バンテージ・ポイント »

2008/03/23

ノーカントリー

Nc 荒野を引き裂く、静かな死神

アカデミー賞では娯楽性はあまり重視されないようで、単純に「楽しい」だけのものは選ばれにくいようだ。しかし今回の受賞作である本作は、一見実にシンプルなサスペンス映画となっている。逃亡者とそれを追う殺し屋、それを追う保安官。三者の行き詰まる追跡劇が延々と続く。セリフは少なく、サントラができるのか心配になるほど音楽もない。ひたすらテンションの高い、しかし静かな展開が続く。

男達は皆強い。自らの掟、規律に忠実で他者とは群れず、頼らない。いわゆる「ハードボイルド」な男達だ。迷い無く自分の目標に突き進み、邪魔するものは排除する。ケガをしたって自分で治療。サバイバル能力も抜群だ。

懐かしい感じ。チャールズ・ブロンソンあたりが出ていてもおかしくないような。そんな昔の映画の、飾り気のないシンプルな面白さ。終盤に向けてじわじわと緊張感が高まっていく。

しかし、やはりアカデミー受賞作だ。そのまま普通のサスペンス映画としては終わってくれなかった。高まった緊張感は、爆発することなく、ぷっつりと途切れる。追跡劇の先頭を走る者の、あまりにあっけない死。サスペンスとしては完全崩壊である。

そして気がつく。あんなに強かった男達が、実は単なる迷える存在だったことを。掟を、規律を失ったから迷っているのではない。迷っていることに「気がつきたくない」から、掟や規律にすがっていただけ。迷っていることを知るのが怖かっただけ。それが掟でも規律でも、何かに対する帰属でも。たとえ暗闇の中の小さな灯りであっても。

#181

|

« 魔法にかけられて | トップページ | バンテージ・ポイント »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/40607661

この記事へのトラックバック一覧です: ノーカントリー:

« 魔法にかけられて | トップページ | バンテージ・ポイント »