« 光の帝国 常野物語/恩田 陸 | トップページ | 魔法にかけられて »

2008/03/02

ジャンパー

Jumper 好きな場所に行けるのは、神だけだ

「超能力もの」には、いくつかの盛り上がるパターンがある。たとえばこんな感じのパターンがそうだろう。

【爆発型】
その超能力故に阻害され迫害された主人公が、最後の最後にその力を解き放って大爆発するというタイプ。前半のつらいタメからの大爆発ということで、観客にカタルシスを与えることができる。「炎の少女チャーリー」とか「キャリー」などがこれだろうか。

【成長型】
超能力を己の欲望のままに行使し堕落する主人公。それに対して手痛いしっぺ返しをうけることで、力よりも大切なものがあることを学び、主人公が成長するというタイプ。成長物語、教訓話としてドラマ的にまとまりやすく、失敗~再生の部分で感動させることができる。「バタフライ・エフェクト」とか、超能力ものではないが道具=超能力と置き換えると「ドラえもん」なども典型的なこのタイプ。

で、本作である。冒頭から主人公が欲望のままに力を行使しまくるという展開。そしてそんな彼を殺そうと追跡してくる謎の「パラディン」。一見【成長型】の基本パターンである。

しかし本作の主人公デヴィッドは反省しないし成長しない。周りに迷惑かけようが何しようが、基本的に自分の欲望に忠実。我慢のできない、自分が一番の男である。それは命を狙われようが彼女が捕まろうが、映画の最後まで変わらない。ドラマとして観客が感情移入するのはちょっと難しい。

では「パラディン」に共感できるかというと、一般人の感覚ではそれも難しい。秩序の維持という点では理解できるが、基本的に殺し屋、狂信者タイプ。取り締まるというよりも問答無用に命を取りに来るのが怖い連中だ。

ということで本作は、わがままなダメ男と狂信的な殺し屋がひたすら戦うという、ドラマとしての要素が希薄な、盛り上がりどころが難しい映画となってしまったのである。確かに戦いの描写は面白いのであるけれど、それだけで90分は持ちません。ダグ・リーマンらしい美しくゴージャスな映像と、世界の名所、完成度の高いCGだけでは引っ張れない。これでは60分くらいが限界だろうか。

ヘイデン・クリステンセンは、アナキン・スカイウォーカーに続いての「神の力を持ったダメ男」役。この手のわがまま自分勝手キャラクターが妙にはまっているのが気になります。もちろん、演技なのでしょうけれど…

#179

|

« 光の帝国 常野物語/恩田 陸 | トップページ | 魔法にかけられて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この手の話は好きなはずなのに、どうも違和感あると思ったら「成長しない」せいでした。
なんかすっきりしました。どうも。

投稿: rukkia | 2008/03/03 21:09

「スター・ウォーズ」では成長せずに地獄に堕ちましたが、「ジャンパー」では成長しないまま何事もなくエンディングを迎えましたからねぇ。
オチがないというかなんというか…

投稿: starless | 2008/03/04 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/40335968

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンパー:

» ジャンパー(2007) [萌映画]
予告編がおもしろそうだったから見てみた「ジャンパー」、うーん、まあ、その点では期待通りだけど、 ヘイデンくん、相変わらずこそばゆいです。 デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)の生き様には全然共感できないけど、グリフィン(ジェイミ・ベル)のほうに共感しちゃったよ。彼がいなかったらただの腹立ち映画になったかも(^^; パラディンなんて言葉が出てきたとたん、世界がファイナルファンタジーになっちゃったrukkiaです。ローランド(サミュエル・L・ジャクソン)の執念の源もよくわかんないし。 ミリーは子供... [続きを読む]

受信: 2008/03/03 16:15

» ★「ジャンパー」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウ鑑賞は、「ライラ〜」は試写会で観ちゃったし・・・ 先行上映やってるこの作品に。 3/1のファースト・デーなのでレイトも1000円の日。 いつもはガラガラの「TOHOシネマズ」もこの日はまあまあのお客さん。... [続きを読む]

受信: 2008/03/04 00:06

» ジャンパー [I N T R O]
『突っ込んだら負けの"純粋"エンターテイメント』 /  かなりの自信を持って断言するが、本作を観た人の10中9人は劇場を後にしながらこう呟くことだろう。――で、あのサミュエル・L・ジャクソン率いる「パラディン」ってのは、一体何だったんだ?本作は「ジャンパー」と呼ばれる瞬間移動能力者と、ジャンパーを数百年...... [続きを読む]

受信: 2008/03/05 00:26

» ジャンパー [Akira's VOICE]
もっと賢く飛んでください。 [続きを読む]

受信: 2008/03/08 15:58

» ジャンパー 2008-09 [観たよ〜ん〜]
「ジャンパー」を観てきました〜♪ 最近、先行上映って昼間もやるんだよねぇ・・・しかも、土曜は映画の日だったので、先行上映+1,000円と2倍オトクって感じですか!?(笑) ミシガン州に住む高校生のデイヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、或る日自分にテレポートの能力があることに気がつく。父との生活にうんざりしていたデイヴィッドは、ニューヨークに向かった。テレポートの能力で銀行の金庫室に移動し、大金を奪うことに成功したデイヴィッド。世界中をテレポートし、セレブな生活を過ごしていた・・・そ... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 12:28

» ジャンパー 評価:★★★ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2008/03/09 23:28

» 『ジャンパー』 [cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー]
仕事がオフだったので、今日は1日映画漬けな時間になりました。まず観たのは、ヘイデン・クリステンセン主演の『ジャンパー』。たまたまいい時間に上映回があったので観てみました。テレポーテーションの能力を持った主人公が、その特殊能力を使って悠々自適な生活を送っ...... [続きを読む]

受信: 2008/03/10 00:27

» 納得できない。『ジャンパー』 [水曜日のシネマ日記]
世界中のどこへでもテレポーテーションできる「ジャンパー」の物語です。 [続きを読む]

受信: 2008/03/10 14:10

» 【劇場映画】 ジャンパー [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 普通の高校生デヴィッドは、ある日凍結した川に落ち、図書館への瞬間移動を体験した。そして彼はその力を悪用し、銀行から大金を盗み取る。その後、母の失踪から人が変わってしまった父との生活を離れ、ニューヨークで「世界中のどこへでも瞬時に移動できる」という自由を満喫していたデヴィッド。しかし、パラディンというグループの存在と、その組織に自分が追われていることに気づく。そして、偶然出会った同じジャンパーと協力し、何千年も続くというジャンパーとパラディンとの戦いに巻き込まれていく。(goo映画よ... [続きを読む]

受信: 2008/03/12 20:46

» 『ジャンパー』2008・3・9に観ました [映画と秋葉原と日記]
『ジャンパー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ミシガン州のデヴィッド・ライス(ヘイデン・クリステンセン)は、同級生のミリーに想いを寄せる普通の高校生だったが。偶然に川で溺れた事故で自分にテレポート能力が有る事を発見した・・・・・・・ ●... [続きを読む]

受信: 2008/03/13 12:00

» 【2008-55】ジャンパー(JUMPER) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 行き先、無制限 この自由に、未来はあるのか? [続きを読む]

受信: 2008/03/20 20:42

» ジャンパー [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:ジャンパー 制作:2008年・アメリカ 監督:ダグ・リーマン 出演:ヘイデン・クリステンセン、ジェイミー・ベル、サミュエル・L・ジャクソン、レイチェル・ビルソン、アナソフィア・ロブ あらすじ:ミシガン州の高校生デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、自分にテレポート能力があることを発見。母が家を出て以来、人が変わった父との生活にうんざりしていたデヴィッドはニューヨークへと向かい、瞬間移動した銀行の金庫室で大金をせしめる。しかし、そんな彼を謎の男ローランド(サミュエル・L・ジャク... [続きを読む]

受信: 2010/08/10 23:25

« 光の帝国 常野物語/恩田 陸 | トップページ | 魔法にかけられて »