« LIMIT OF LOVE 海猿 | トップページ | 死神の精度/伊坂幸太郎 »

2008/02/17

エリザベス:ゴールデン・エイジ

Ege 別の時代に、別の世界で

まず眼を奪われるのは、「豪華絢爛」というよりも、豪華で重厚なその美術だろう。華麗で、そして残酷な16世紀のイングランド宮廷の描写、そしてそれらに囲まれたエリザベスの凛とした佇まい、それらが一体となって観客を圧倒する。また重く閉塞した宮廷の描写から一転して、終盤描かれる平原や大海原の美しさ、開放感も素晴らしい。リアルなのではない美しいCGが、作品にぴったりマッチしている。

歴史物、それも外国のものとなると、予備知識の無さからくるわかりにくさが心配されるが、本作の場合はとても分かりやすい構成になっているのも特徴だろう。エリザベス、スペイン国王フェリペ2世、スコットランド女王メアリーの、「女王」としてのトライアングル。エリザベス、ローリー、ベスの、「女」としてのトライアングル。エリザベスを中心としたこの2つのトライアングルの、5人の関係さえ把握すれば、基本的な物語が理解できてしまうのだ。

そして、この2つのトライアングルがエリザベスにもたらす苦難。

「イングランドに身を捧げる」ということは、「女王」という職業に殉じるということではない。この時代の女王は、その宗教的背景とも相まって国家そのもの。人間から神の領域に一歩はみ出した存在だ。それは一方通行で、踏み出してしまえば元には戻れない。全てのものに君臨する全能の存在でありながら、もはやキスさえもできない。

「女」としてのトライアングルでは、もう自分が女ではないことを、一歩を踏み出してしまっていることを痛感したエリザベス。

もう戻れない「女王」であること。苦痛と自覚と覚醒。

そして「女王」としてのトライアングルでは、エリザベスは全ての苦難に立ち向かい、全ての外敵を粉砕し、神として自らが庇護する臣民に、黄金時代をもたらした。

「女」としての存在の消失と、「女王」としての存在の確立。それはエリザベスの死と再生の物語なのだ。

そしてカトリック世界から見たエリザベスは。異教の国を率いて、圧倒的な神の息子の無敵艦隊を、荒々しい自然の力を味方につけ破壊したエリザベスは。

光り輝くエリザベスは、闇の女王なのかもしれない。

エリザベス:ゴールデン・エイジ@映画生活

#176

|

« LIMIT OF LOVE 海猿 | トップページ | 死神の精度/伊坂幸太郎 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/40154423

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス:ゴールデン・エイジ:

» エリザベス:ゴールデン・エイジ(2007) [萌映画]
うわ、エリザベスもベスもオーストラリア人だよ! というのはいいとして、黄金時代の開幕にあたるアルマダ海戦をクライマックスにもってきた「エリザベス:ゴールデン・エイジ」、期待通り女王様は神々しかったです。 1作目で予習してから臨んだわけだが、10年の間を感じさせない見事な「続き物感」。 いまやエリザベス(ケイト・ブランシェット)はさらに鋭利になった切れ者女王である。体型も以前に比べてスレンダーになった気がする。 < 演出意図? 求婚者のよその国のおぼっちゃまも邪険にすることなく、一応立ててみたりする... [続きを読む]

受信: 2008/02/21 13:00

» エリザベス:ゴールデン・エイジ [to Heart]
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト 音楽 クレイグ・アームストロング/アル・ラーマン 出演 ケイト・ブランシェット/ジェフリー・ラッシュ /クライヴ・オーウェン/リス・エヴァンス/ジョルディ・モリャ/アビー・コーニッシュ/サマンサ・モートン/トム・ホランダー {/book_mov/}1585年、エリザ... [続きを読む]

受信: 2008/02/22 20:35

» エリザベス:ゴールデン・エイジ を観ました。 [My Favorite Things]
今日公開作品は観たいものがイロイロあり、悩んだ結果… [続きを読む]

受信: 2008/02/23 02:28

» 夏が来る。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 [水曜日のシネマ日記]
エリザベス1世の黄金時代を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2008/02/24 12:16

» 映画『ELIZABETH:The Golden Age』劇場鑑賞 [蛇足帳~blogばん~]
“ヴァージン・クウィーン”と言われたElizabeth一世の女王即位までの物語を描いた映画作品『ELIZABETH』の続編で、約9年ぶりに同じShekhar Kapur監督と主演Cate Blanchettで製作された『ELIZABETH:The Golden Age』を観て来ました。 Cate Blanchettは9年前にこの役柄でア..... [続きを読む]

受信: 2008/02/24 22:31

» 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2008・2・24に観ました [映画と秋葉原と日記]
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)(生まれ1533年・在位:1558年~1603年)は反カトリック立場でイングランド国教会と国王の至上主義の女王としてイギリスを統治し... [続きを読む]

受信: 2008/03/07 17:01

« LIMIT OF LOVE 海猿 | トップページ | 死神の精度/伊坂幸太郎 »