« 沙門空海唐の国にて鬼と宴す/夢枕獏 | トップページ | KIDS »

2008/02/08

アメリカン・ギャングスター

Ag 2大スター激突

ともにオスカー受賞歴のあるふたりのスター俳優がギャング映画で敵味方に、というなんとなく70年代の王道ハリウッド映画風のたたずまいが面白い本作。舞台も60年後期~70年代のニューヨークで、BGMもいかにもそれ風といったところも70年代っぽさをかもしだす。

大いに期待して観に行った本作なのだけれども、見終わってみるとなんとなく物足りない。ワシントン、クロウの共演シーンが少ないのは仕方ないにしても、どことなく盛り上がりに欠ける印象。たしかにアクションもある。スリリングな駆け引きや裏切りもある。男たちの自分勝手な生き方の裏で泣く家族たちの物語もある。でもなにか淡泊で物足りない。

これは多分、実話をベースとしていることが関係しているのだろう。実話はフィクションほどドラマティックであることは少ない。そして本作は30年程度前の話であるから、関係者の多くは存命だろうし(事実、リッチーもフランクも映画制作に協力したらしい)、事実に反するような派手な脚色もやりにくい。本人の目が光っているならばなおさらだ。

それでも俳優たちの演技は素晴らしい。とくにワシントン。紳士的でありながら一瞬の狂気を感じさせる彼の演技は、ドラマとしての本作を力強く牽引している。個人的には本作の面白さのかなりの部分は、彼の演技に負っていると感じた。

本作の物語が「三すくみ」の形をなしていることを考えると、悪徳警官役にもう一人、強力で個性的なスターがいたら、また違ったものになっていたかも知れない。

それでも、160分近い上映時間の長さを感じさせない映画だったことは間違いない。

#172

|

« 沙門空海唐の国にて鬼と宴す/夢枕獏 | トップページ | KIDS »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/40045752

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・ギャングスター:

» アメリカン・ギャングスター 2008-05 [観たよ〜ん〜]
「アメリカン・ギャングスター」を観てきました〜♪ 1970年、黒人ギャングのボス、バンピーの右腕として暗躍していたフランク・ルーカス(デンゼル・ワシトン)は、ボスの死後その座を引き継ぐ。フランクは独自のルートを開発し、タイの奥地から純度100&ヘロインを輸入し、当確を表す・・・警官の汚職がまかり通っていたこの時代、マフィアからの賄賂を一切拒否し、仕事を干されていたリッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は、エセックス郡の麻薬取締特別チームのチーフにスカウトされる・・・ 人気Blog... [続きを読む]

受信: 2008/02/10 10:42

» 【劇場映画】 アメリカン・ギャングスター [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 1968年、フランク・ルーカスは長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスの死後、独自の麻薬ビジネスを展開する。やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にするが、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままだった。一方、汚職がはびこる警察組織の中で正義を貫こうとする刑事リッチー・ロバーツは新設された麻薬捜査チームのリーダーに任命され、ドラッグ市場を牛耳る謎の人物に迫って行くのだった。(goo映画より) 主演二人の演技が素晴らしかった。 長尺の映画だけれども、きめ細かな... [続きを読む]

受信: 2008/02/10 19:41

» アメリカン・ギャングスター [Good job M]
公開日 2008/2/1監督:リドリー・スコット 「グラディエーター」出演:デンゼル・ワシントン/ラッセル・クロウ/ジョシュ・ブローリン/アーマンド・アサンテ 他【あらすじ】1970年代の初頭、ニューヨークのハーレムを仕切るギャングのボスに仕えてきた運転手・フランク...... [続きを読む]

受信: 2008/02/13 11:47

« 沙門空海唐の国にて鬼と宴す/夢枕獏 | トップページ | KIDS »