« 死神の精度/伊坂幸太郎 | トップページ | ライラの冒険 黄金の羅針盤 »

2008/02/23

チーム・バチスタの栄光

Tb 死と競い合う、孤独なアスリートたち

評判の良い推理小説原作の映画は、なるべく本を読んでから観ることにしている。しかし本作はタイミングが合わず、未読での鑑賞となってしまった。「推理小説」と一言でいってもいろいろある。本作はいわゆる「謎解き」を楽しむというよりは、スリリングな物語を楽しむ「医療サスペンス」とでもいった雰囲気。

前半は竹内・阿部のコミカルなコンビを中心に笑わせ、後半はシリアスなチーム・バチスタを中心にテンションを上げる、といった描きわけがなかなかよい。豪華な出演者達が効果的にキャスティングされていて、単なる「豪華」で終わっていない。阿部寛の怪演におもいっきり引きずられながらも、後半吉川晃司を中心としたチーム・バチスタがしっかり映画を締めている。

物語も、自らの技量と感覚のみを武器に生きている外科医たちの孤独をしっかり描きつつ、そこそこ感動させるシーンもあり、医療サスペンスらしいオチもあり、実にそつなくまとまっている。手術シーンこそちょっと怖いものの、最近のミステリーにありがちな流血や残酷描写などもない。この手のジャンルが嫌いでなければ、誰もが気軽に楽しめる作品に仕上がっていると思う。ちょっとおすすめです。

チーム・バチスタの栄光@映画生活

#177

|

« 死神の精度/伊坂幸太郎 | トップページ | ライラの冒険 黄金の羅針盤 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/40233721

この記事へのトラックバック一覧です: チーム・バチスタの栄光:

» 【2008-33】チーム・バチスタの栄光 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 心臓手術のエリート 「チーム・バチスタ」 3件連続 原因不明の手術失敗 容疑者は7人の天才 究極の完全犯罪 犯行現場は半径10センチ 犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。 ... [続きを読む]

受信: 2008/02/24 20:46

» チーム・バチスタの栄光 観てきました。 [よしなしごと]
 今回はチーム・バチスタの栄光を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008/02/27 00:59

« 死神の精度/伊坂幸太郎 | トップページ | ライラの冒険 黄金の羅針盤 »