« 007/ダイ・アナザー・デイ | トップページ | 28週後... »

2008/01/26

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

Sweeney_todd 「夢」は「悪夢」しか見たことがないの

復讐を誓った男は、怒りと焦燥感から、やがて自らを見失い悪魔に成り果てた。

女は男を、悪魔を、ずっとずっと愛し、ずっとずっと支えた。

たとえ夢が悪夢になってしまっても、女にとってそれは夢だった。悪夢であることがわかっていても、夢を見ずにはいられなかった。

たとえ自らの嘘が男を悪魔に変える一因となっていたとしても、嘘をつかずにはいられなかった。それが一縷の望みを繋ぐなら。たとえ男が悪魔となってしまっても、その思いを遂げられるなら。

愛する人といっしょにいたい。

そんなささやかな想い、そんなありふれた願いを持ってしまったがために。女は悪に染まり、悪夢にはまりこんだ。

誰もが持っている、愛や夢や希望や。そしてそれらのために、美しいはずのそれらのために、女は醜い闇に堕ちた。もう何も見ることができず、女を愛していた少年の救いの手さえ、もはや眼には入らない。悪魔を産みだし、自らも悪と化し、周りに災いをもたらし、愛した悪魔の手で地獄の炎で焼かれる。

わかっていたのに。

それでも想いにこだわり、何かを求め、そして大切なものを失ってしまう愚かさが。そんな弱さが。とても愛おしくて、悲しい。

海辺は。

とても遠かった。

#170

|

« 007/ダイ・アナザー・デイ | トップページ | 28週後... »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/17853049

この記事へのトラックバック一覧です: スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師:

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 2008-03 [観たよ〜ん〜]
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました〜♪ 19世紀イギリス、港に到着する船に一人の男が乗っていた。無実の罪で投獄されベンジャミン・バーカーは、名前をスウィニー・トッド(ジョニー・デップ)と替え15年ぶりにロンドンに戻って来た。スウィニー・トッドは、フリート街のパイ屋の2階に店を出す・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、鋭い剃刀の切れ味が手に入るかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリッ... [続きを読む]

受信: 2008/01/26 22:53

» 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Sweeney Todd:The Demon Barber of Fleet Street 観てしまったぁぁ猟奇連続殺人事件、伝説の殺人理髪師スウィーニー・トッドのブロードウェイミュージカル版をもとにした映画で遂にジョニデが歌い上げる・・ 19世紀のロンドンはフリート街で理髪店を営むベンジャミ... [続きを読む]

受信: 2008/01/27 12:54

» スウィーニー・トッド&SP&疾風伝 [別館ヒガシ日記]
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師は昨日の午前に鑑賞したが 今年の劇場での鑑賞1作目でホラー物だけど内容に凄く大満足したよ 冒頭からパイカリ/ワールドエンドと同様に歌で始まり最後まで続くと思わず 愚かさが罪で15年も投獄され妻は毒を飲み娘は判事がに... [続きを読む]

受信: 2008/01/27 20:38

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、かつて自分を陥れた者への復讐に燃えていた―  監督 : ティム・バートン 『チャーリーとチョコレート工場』『スリーピー・ホロウ』        〜スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化〜        【comm... [続きを読む]

受信: 2008/01/30 22:00

» 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 [cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー]
久々にダークな演出の冴えるティム・バートン作品を観たなーって感じで、結構満足できる作品が観られました。ダークって表現では表現が難しい、この監督の独創美と毒は観ていてクセになりますよねー。コミカルな要素が強いものより、こういうシリアスな作品の方が個人的に...... [続きを読む]

受信: 2008/01/31 18:46

» 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米) [富久亭日乗]
     ★★★★☆  ブロードウェイの傑作ミュージカルを、 Tim Burton 監督&Johnny Depp主演のコンビで映画化した。 原題は「Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street」。  19世紀のロンドン。 フリート街で理髪師を営む男(Johnny Dep)が、 悪徳判事(Alan Rickman)の計略にはまり、 妻を奪われ、自らは無実の罪で投獄される。 15年後ようやく自由の身になった男は、 妻が自殺し、一人娘は判事に監禁されているこ... [続きを読む]

受信: 2008/02/03 16:23

» SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET [銅版画制作の日々]
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。 1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルですね。ほとんど映像はモノクロの世界。大量の血しぶきは赤色で映し出されています。 150年以上人々に語られ続けたスウィーニー・トッド伝説 伝説の始まり  通説によれば、スウィーニー・ト... [続きを読む]

受信: 2008/02/03 22:39

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 観てきました [よしなしごと]
 今週4本目、そして今年10本目はスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師でした。今年は映画館に行くペースが例年になくスローペースです。挽回できるのか?! [続きを読む]

受信: 2008/02/17 13:01

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [C'est Joli]
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師’07:米 ◆原題:SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET◆監督: ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」 「シザーハンズ」◆出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマ...... [続きを読む]

受信: 2008/02/18 22:44

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師−(映画:2008年18本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ローラ・ミシェル・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、エドワード・サンダース、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ジェイン・ワイズナー、サシャ・バロン・コーエン、ティモシー・スポール、アラン・リックマン 評....... [続きを読む]

受信: 2008/02/22 23:09

« 007/ダイ・アナザー・デイ | トップページ | 28週後... »