« 007/ワールド・イズ・ノット・イナフ | トップページ | 黄金の羅針盤(ライラの冒険)/フィリップ・プルマン »

2008/01/15

ジェシー・ジェームズの暗殺

Jessejames 卑怯者たちの物語

信頼も愛も。それは他者に対して一方的に与えるもの。一切の保証も担保もなく、無償で無条件で。そもそも相手からの見返りは期待しないもの。だから幸運にもお互いが、相手にそれを与えあったならば、それは強力無比な絆となる。

しかし勇気なき者たちは、自分の魂を無償で差し出すことはできない。欲深き者たちは、自分から先に与えることができない。なぜならば裏切られることが怖いから。なぜならば見返りがなかったら許せないから。

そんな弱き者たちは、群れることは出来ても、結びつくことはできない。彼らには頼ることはできても、決して信じることはできないから。お互いに信頼することなく、利用しあい、騙しあい。侮蔑と妬みと。求めるばかりで与えることはなく。最後はお互いの背中を撃ち合う。

そしてこの映画は。

そんな救いようのない、卑怯で醜い男たちを、とても美しい映像と音楽を駆使して、ふさわしくないほど叙情的に、悲しいほど透明に描いている。

#168

|

« 007/ワールド・イズ・ノット・イナフ | トップページ | 黄金の羅針盤(ライラの冒険)/フィリップ・プルマン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/17708751

この記事へのトラックバック一覧です: ジェシー・ジェームズの暗殺:

« 007/ワールド・イズ・ノット・イナフ | トップページ | 黄金の羅針盤(ライラの冒険)/フィリップ・プルマン »