« パーフェクト・ストレンジャー | トップページ | クワイエットルームにようこそ »

2007/11/03

ブレイブ ワン

Bo いつもの街が、見知らぬ街へ
そして、いつもの自分が、見知らぬ自分へ

ジョディ・フォスター自らが製作総指揮に名を連ねる、まさに彼女による彼女のための映画。その圧倒的な演技力は、犯罪被害者の怖れと痛みを痛烈に描き出す。何気ない生活があっというまに破壊され、混沌と理不尽で覆い尽くされるそのさまは、正視できないほどのリアリティーを持つ。

スチール写真などを見ると、さすがに年齢を感じさせる最近のジョディだが、スクリーンの中での強烈な存在感と、その凛とした美しさはまだまだ失われてはいない。やはり当代一の大女優である。

本作のテーマは「正義と悪」、復讐の是非である。

しかしこの観点からのみこの映画を見ると、そのラストはなんともご都合主義的、つじつま合わせ感が強いものに感じられてしまうだろう。「正義と悪」はあくまでも「法」というシステムがあってのもの。本作のもう一つの対立は「理性」と「感情」の対立でもあるのだ。

「理性」と「感情」は対立する要素でありながら、どちらも人間にとって重要なもの。そのどちらかのみでは人間として存在できない。それは本作の中で、本来相容れない存在であるエリカとマーサー刑事がお互いにひかれ合うことにより象徴されている。

何を犠牲にし、何を破壊しようとも自らの思いを遂げようとする感情。自らの信じる秩序を、自らの感情を殺してまで維持しようとする理性。その両者はつねにせめぎ合い、反発し合い、ひかれ合うのだ。

本作のラスト。感情は理性に癒され、理性は感情を愛した。それは単なる物語の終末ではない。相容れないものを胸に抱えて苦しむ人間たちの、ほんの一瞬だけの安らぎを、そのあまりにはかない切なさを、しっかり切り取っている。

#158

|

« パーフェクト・ストレンジャー | トップページ | クワイエットルームにようこそ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/16963294

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブ ワン:

» 「ブレイブ・ワン」ヒロインは裁かれない [soramove]
「ブレイブ・ワン」★★★ ジョディ・フォスター 、 テレンス・ハワード主演 ニール・ジョーダン監督、アメリカ 、オーストラリア、122分 公園で暴漢に襲われ ひどいケガを負い、 フィアンセは殺されてしまった。 精神的にもダメージを受けて 外を一人で歩...... [続きを読む]

受信: 2007/11/06 21:16

» ブレイブ ワン 2007-57 [観たよ〜ん〜]
「ブレイブ ワン」を観てきました〜♪ NYでラジオ・パーソナリティを務めるエリカ(ジョディ・フォスター)は、婚約中の恋人と散歩中、暴漢に襲われる。意識が戻ったエリカは、恋人が死んだことを知らされる・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、勇気が持てるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2007/11/10 07:20

» 【劇場映画】 ブレイブ ワン [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ ニューヨークでラジオのパーソナリティを務めるエリカ・ベインは、婚約者のデイビッドと公園を散歩中、暴漢に襲われた。病院で意識を取り戻した彼女はデイビッドが死んだことを告げられ、悲しみに打ちひしがれる。自らの心にも傷を負い、満足に外出することもできなくなってしまった。そこでエリカが手にしたのは一挺の拳銃。そしてある日、偶然立ち寄ったコンビニで、強盗にその弾丸を発射するのだった……。(goo映画より) 作品の結末には賛否両論でしょうね。 私としては、やはり認めたくは無いですけれど... [続きを読む]

受信: 2007/11/12 21:54

» ブレイブ ワン [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ジョディを好きで、『パニック・ルーム』『フライトプラン』は劇場鑑賞したがイマイチだった。今度はどうかなぁ〜【story】ニューヨークでラジオ番組のパーソナリティを務めるエリカ(ジョディ・フォスター)は、婚約者であるデイビッド(ナヴィーン・アンドリュース)との挙式を目前に控えていた。ところが、ある日の夕暮れ、愛犬を連れて散歩に出た2人は、3人組の暴漢に襲われる。そしてエリカは意識不明の重体となり、デイビッドは命を落としてしまう―     監督 : 二ール・ジョーダン  『プルートで朝食を』  【com... [続きを読む]

受信: 2007/11/19 23:33

« パーフェクト・ストレンジャー | トップページ | クワイエットルームにようこそ »