« 父親たちの星条旗 | トップページ | ザ・シューター/極大射程 »

2007/05/25

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

Pocwe その時がきた

おなじみの唄で始まるオープニング。しかし冒頭から明らかに今までとはテイストが違う。重い。なんとも重い。従来のコミカルさはかなり控えめ。かなりまじめに物語を語りかけてくる。冒険活劇的な面よりも登場人物のさまざまなからみが中心となっている。

しかしそのドラマティックな人間模様がうまく描けていたか、といえばどうだろうか。登場人物の想いが胸に迫ってくるシーンは思ったほど多くない。それにはいくつかの理由があるだろう。

まずはなんといっても詰め込みすぎ。前2作の登場人物に加えて、本作でも新たなキャラクターが登場。複雑な人物相関図を解きほぐすように、次から次へと重要な対話シーンが続く。必然的に時間が足りなくなる。3時間近い上映時間を持ってしても足りない。おのずと各シーンは説明的なものになり、感情を上手く描くところまではいかない。

さらに本作では、全ての登場人物がいわゆる「海賊の論理」で行動する。本心を見せずに自己本位に行動するのだ。前作まではジャックの「海賊の理論」に周りが振り回される展開が中心となっていた。そこが笑える部分であり、またそんなジャックがわずかに見せる「本心」の部分にハッとさせられたりした。

しかし本作では全員が自分勝手、お互いに振り回し合っている。複雑な人間関係を把握しながら、さらに各人の「本心」までを推測しなければならない。とても忙しい映画になってしまっている。

ある種、キャラクターのインフレ状態なのだ。動かすキャラクターと動かさないキャラクターのメリハリをもっとつけて、エピソードの量よりも質の向上を図ってほしかった。本作から登場した海賊王たちなど、かなりの上映時間を割いているわりには存在感がない。とくにサオ・フェン。準主役級の扱いながら、ドラマ的にはまったく不必要なキャラクターだ。ひとことで言えば、エリザベスを「キャプテン」にするためだけに必要な存在である。彼がエリザベスに執着する理由がはっきり描写できていないだけに、その印象はさらに強いものとなる。

そして本作の(そしてシリーズの)鍵となる、ジョーンズの悲恋の物語。これなども、たしかにオチはつけているけれども、なんとも中途半端。もっと丁寧に描けばかなり感動的なものとなったと思うのだけれども。女神を解き放った結果が巨大化とカニだけとは。彼女の想いはあんなものか。ジョーンズの最期が海に落っこちるだけとは。彼の魂を救って欲しかった。

ノリントン、総督そしてベケット。「そしてこうなりました」 

ウイルとエリザベスの運命。残されたパズルのピースから推測すれば、ジャックのあの行動は必然。理論的なオチとすればあれが正解だろう。でもジャックと父の会話を思い出して欲しい。「大切なのは永遠の命じゃない。誇りと正気を保って生きることだ」 ウイルとエリザベスはあれを望んだのだろうか。あれは死よりひどい運命ではないのだろうか。ここまでに描かれてきたジョーンズの姿はなんだったのだろう。どうせならもう一踏ん張り、ウイルの呪いを解く奇策をジャックに期待したかったけれど・・・

そしてジャック。結局ジャックは狂言回しだった。周囲の運命を大きく変えたけれど彼だけはなにも変わらない。

それにしても、なんでもっとすっきりした終わり方にできなかったんだろう。深刻さなんて、海賊には似合わない。

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド@映画生活

#137

  

|

« 父親たちの星条旗 | トップページ | ザ・シューター/極大射程 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

キャラクターのインフレ状態、
海賊の論理、
ジャックは狂言回し……

この映画の特徴をズバリついた言葉の数々に感服です。

これからも素敵なレビューを期待しています。

投稿: えい | 2007/05/28 22:54

えいさん、いつもありがとうございます。

最近のシリーズものは、キャラクターがどんどん増えていくものが多いです。
これはひょっとすると昔と比べて上映時間の制約が少なくなっているせいかもしれませんね。
以前なら3時間の映画なんてほとんど許されませんから、こんなに大勢のキャラクターを出せなかったでしょう。
シネコンの普及により「上映時間が長ければスクリーン数を増やして対応すればいい」ということで、長時間映画も認められやすくなっているのでしょうか。

投稿: starless | 2007/05/29 19:54

好き嫌いある映画でしょうね。
ダメダメであるのは認めつつも、それを含めて最高に楽しんでしまいました。
映画というよりは、スクリーン上のテーマパークみたいな作品でした。

投稿: ノラネコ | 2007/05/30 02:04

ノラネコさん、コメントありがとうございます。

楽しんだことは楽しんだのですが、最高とまではいきませんでしたね。

>テーマパーク

結局私は「話」を求めちゃうんでしょうね、映画に。

投稿: starless | 2007/05/30 19:17

こんばんは。

ホント、レビューに書かれていることは至極同意いたします。
まずは詰め込みすぎでしたね。3なら何を出しても受けるとでも思ったのでしょうか。しかし実際にはシンガポール海賊も、伝説の海賊、どれもこれも消化不良を起こしてしまう役柄で、さらに主役級たちの行動まで…。
海賊たちの行動には、おっしゃるとおり『自分勝手』というのが強く感じられました。全員がそれをしてはもう笑いを取ることは難しいですね。前作まではジャックの行動に翻弄されていたのが面白かったのに。

ダルマの巨大化には私も愕然とした口ですが、あの渦までもが彼女の起こしたものだとすると、その中に落ちていったジョーンズの意味も活きてきそうですが…単なる偶然の渦だと目も当てられませんね。(^^;

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。

投稿: 白くじら | 2007/05/30 23:47

こんばんは。

「3」はあらすじを聞くと、すごく楽しそうなんですけどね。
シリーズ全体で見ると、「2」のラストシーンを見て「次はなんか飛んでもないことになりそうだぞ」と思った瞬間が、一番気分が盛り上がりました。
「2」のもつ「次回作に期待を持たせる力」は、今思ってもすごかったと思います。

投稿: starless | 2007/05/31 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/15199584

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド:

» ジョニー・デップのパイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト@WOWOW [wowow特捜班@wowowすべて見せます!]
ジョニー・デップがオスカー候補にもなったジャック・スパロウ船長を怪演する、軽快な冒険アクションのシリーズ第2弾。パイ... [続きを読む]

受信: 2007/05/28 00:25

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (2007年) [シネマテーク]
【コメント】★★★★★★☆☆☆☆ 「エンディングロールが終わっても席を立っては... [続きを読む]

受信: 2007/05/28 17:13

» 『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』 [ラムの大通り]
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド  (原題:Pirates of the Caribbean : At World's End) ---ここしばらく、キャストの来日で 日本中が大騒ぎだったけど どうだった?肝心の中身の方は? 「前作『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』が バスター・キートンかジャッキー・チェンかって感じの スラップスティックなところがあったじゃない。 今回は、どうするのかなって それが気になっていたんだけど、 よく言えばアラビアンナイト、 航海も... [続きを読む]

受信: 2007/05/28 22:24

» 映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Pirates of the Caribbean: At World's End 3部作の完結編といわれているけど、ジャック・スパロウが恋に破れてお茶目に次の旅へと向かっていくのはいいとして、これもまた終わらない物語のよう・・・ 呪われた世界の果てから命をかけて連れ戻せ-あの... [続きを読む]

受信: 2007/05/29 00:35

» 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』□監督:ゴア・ヴァービンスキー □脚本 テッド・エリオット&テリー・ロッシオ□キャスト ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、チョウ・ユンファ、ジェフリー・ラッシュ ■鑑賞日 5月26日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想>  「本編はエンドロールが終わるまでじっくりとご覧下さい。」 劇場でのパンフや注意書き、ありとあらゆる映画評論家や映画コメンテーター... [続きを読む]

受信: 2007/05/29 08:05

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド [Akira's VOICE]
LOVEと,PRIDEがひとつになった時, 我々は歴史の目撃者となる! [続きを読む]

受信: 2007/05/29 18:04

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
やりたい放題・・・・ こんな無茶苦茶な、もとい自由なハリウッド大作は久々に観た。 前作「デッドマンズ・チェスト」の記事で、このシリーズは「SW」に近くなってきたと書いたが、撤回する。 展開に「SW」からのいただ... [続きを読む]

受信: 2007/05/30 01:44

» パイレーツ・オブ・カリビアン3 ワールド・エンド [MOVIE-DIC]
敵との戦闘、もしくはパーレイは海賊王の務めとする! 2007年(PIRATES OF THE CARIBBEAN:AT WORLD'S END) 製作国:アメリカ 監督:ゴア・ヴァービンスキー 製作:ジェリー・ブラッカイマー 製作総指揮:マイク・ステンソン・チャド・オーマン、ブルース・ヘンドリクス、エリック..... [続きを読む]

受信: 2007/05/30 23:38

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(映画館) [ひるめし。]
海賊たちの存亡を賭けた決戦迫る。 [続きを読む]

受信: 2007/06/01 13:49

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 観てきました [よしなしごと]
 今年のハリウッド映画の大御所の1つパイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドを見てきました。 [続きを読む]

受信: 2007/06/05 22:44

» 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(PIRATES OF THE CARIBBEAN3/AT WORLD’S END)」映画 感想 [Wilderlandwandar]
グリーンフラッシュの映像が違う!とりあえず叫んでおいてから、報告です。予定通りに [続きを読む]

受信: 2007/06/06 19:30

» 4K Pure Cinemaで観た『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』を4K Pure Cinemaという仕様で観た。[DCI準拠デジタルシネマ]で、高画質・高音質のハイクォリティ・ムービーが実現。これまでの2K規格の4倍の画素数(800万画素)を持つ最高水準。音響に関しても音源を圧縮する事なく再...... [続きを読む]

受信: 2007/06/06 19:46

» ★「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」 [ひらりん的映画ブログ]
ヨーホー・ヨーホーで海賊はやめられないっ・・・ねっ。 このシリーズ見るたびに、「キャプテン・ひらりん」だという事を思い出す自分。 ジャックみたいに、船は無いけど・・・。 [続きを読む]

受信: 2007/06/07 00:41

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド−(映画:2007年66本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ビル・ナイ、チョウ・ユンファ 評価:85点 公式サイト (ネタバレあります) 2時間50分はいくらなんでも長いだ...... [続きを読む]

受信: 2007/06/08 22:16

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド [世界の片隅でひとり、呟く]
上映時間:170分 製作国:アメリカ 配給:ブエナビスタ 公開年月日:2007/05/25 ジャンル:アドベンチャー/アクション/コメディ 個人的評価:[:星:][:星:][:星:] 監督:ゴア・ヴァービンスキー 製作:ジェリー・ブラッカイマー 音楽:ハンス・ジマー 出演: ジョニー・デップ(キャプテン・ジャック・スパロウ) オーランド・ブルーム(ウィル・ターナー) キーラ・ナイトレイ(エリザベス・スワン) ジェフリー... [続きを読む]

受信: 2007/06/10 00:28

» 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
夏の風物詩となった「ザ・プレミアム・モルツ球団」のドリーム・マッチ。今年は7月23日(月)に東京ドームにて開催されるとの事で、その観戦者募集の告知がされていた。球団創設時から監督の座に在った”大沢親分”が今年から総監督に退かれ、”ミスター赤ヘル”こと山本浩二氏が新監督に就任。今年の対戦チームは「甲子園ヒーローズ2007」で、GMは燃えよドラゴンズ!のおっちゃん、監督は”トンビ”こと東尾修氏というのだからワクワクしてしまう。一昨年&昨年と、このドリーム・マッチを観戦しているが、勝敗を意識する事無く純粋... [続きを読む]

受信: 2007/06/10 03:47

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2007-26 [観たよ〜ん〜]
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観てきました〜♪ 東インド会社のベケット(トム・ホランダー)は、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の心臓を手に入れ、デイヴィ・ジョーンズと彼の船を意のままに操り、世界中の海賊を討伐していく。追い詰められた海賊たちは、対策会議を開く事に・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、あの世から蘇るかも!? ... [続きを読む]

受信: 2007/06/10 22:46

» パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007) [萌映画]
海賊の3作目にしてシリーズ最終作、のはず。 さすがにこれは1作目、2作目を見てないと話が見えないですねぇ、登場人物も多いし。 今回はエリザベス(キーラ・ナイトレイ)の活躍が目立ったなぁ。まあ、1のお嬢様時代から、へたれウィル(オラーンド・ブルーム)に比べてかなりたくましさを見せてはいたが。 かっこよかったです、エリザベス♪ で、これ、ネタバレせずに感想を書くのが難しいのだ。 自分はすでに2回見に行ったのだが、まだ見てないひともいると思うので…。 1回目に見た時は170分もいらないだろー、もっとま... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 00:00

» パイレーツ3&Dグレ [別館ヒガシ日記]
Dグレはアレンが登場したけど千年伯爵がテッキー達に戦闘の開始を告げ ワールドエンドは冒頭から処刑&歌で次が戦闘になってジャック迎えに行き 後は共闘と裏切りの連続で最初から最後まで集中し目が離せない展開だし ジャック親子は母を含め凄くウィル親子は良くエリザベス親... [続きを読む]

受信: 2007/06/12 19:56

» 「パイレ−ツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」 [Cinema Chips]
5月25日に全世界同時公開された「パイレ−ツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」。 それにあわせて5月22日(火)にはジョニー・デップ、オーランド・ブルームをはじめ主要キャストとスタッフが来日しました。今回... [続きを読む]

受信: 2007/06/13 16:53

» ジョニー・デップの似顔絵。「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
吹替版にて、2回目の鑑賞してきました。 DVDでお馴染みの声だと、やっぱり集中できます。 そして直前には、「呪われた海賊たち」「デッドマンズ・チェスト」を もう一度予習しました(笑) そこで気付いたんですが、「テコの原理」って言葉が、 「呪われた海賊たち」「ワールド・エンド」で、出てきてますよね。 最初に口にしたのは、ウィル(オーランド・ブルーム)で、 ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を、牢獄から脱出させようと、 鉄格子の仕組みを説明した時。 そして次はジャックが、ウィルを使ってブラックパ... [続きを読む]

受信: 2007/06/15 21:46

» 悲しい結末!!パイレーツ オブ カリビアン ワールドエンド [日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。]
おはようございます やっと、やっと、長いこと待ちました 念願のパイレーツオブカリビアンワールドエンド を見ました 前作の続きというわけなのですが 今作で一応パイレーツは完結してしまいます。 完結編というわけで、今作で 前作のいろいろな謎の部分が解決されま... [続きを読む]

受信: 2007/07/23 06:52

« 父親たちの星条旗 | トップページ | ザ・シューター/極大射程 »