« デジャヴ | トップページ | ハンニバル・ライジング »

2007/04/21

ロッキー・ザ・ファイナル

Rtf 戦うのがボクサー

本作の予告編を見ると強烈なデジャヴに襲われる。それはまるで「ロッキー」そのもの。シリーズ続編とはいいながらも、1作目のリメイクのような印象を受ける。実際、物語もほぼ1作目をなぞった展開で、エンディングもほぼ同じ。しかし本作は単なる焼き直しではない。主人公が30歳年を取ったこと、これが最大の相違点である。

現在のロッキーは決して落ちぶれてしまっているわけではない。妻にこそ先立たれたものの、息子は立派に成人しており、小さいながらもレストランのオーナーとして安定した生活を送っている。今でも街を歩けばサインや記念撮影を求められることもある。ボクサーの晩年としては悪くない状況だろう。

しかしエイドリアンを失った喪失感は大きい。「過去に生きるのはやめろ」義兄のポーリーに励まされながらも、ロッキーの時は止まっていた。

30年前のロッキーは、自分がただのゴロツキではないことを証明するために戦った。自分の進んでいくべき場所をしっかり見据えて、それを目標にがむしゃらに進んだ。しかし、今のロッキーには進んでいくべき場所は見えない。進めば進むほど大切なものを失っていく、いわば人生の「喪失局面」においては、前は決して進んでいきたい場所では無いのだ。

それでもロッキーはまたリングに立った。進むことにより何かを得るためではなく、誰かに何かを証明するためでもなく。自分の好きなように進むこと、ただそれだけのためにまた戦った。この価値観の転換こそが本作のメインテーマだろう。

30年前のロッキーには、ダメ俳優だったスタローンが自分にも「できる」ことを証明しようとする姿が強烈に反映されていた。本作のロッキーも、同様に現在のスタローンの姿が色濃く投影されているる。往年のスーパースターであるスタローン。でも最近はヒット作もなく、落ちぶれたわけではないけれど世間では「終わった」スターとして完全に位置づけられている。彼がロッキーの続編を撮ると発表したとき、世間は笑った「あの歳ではもう無理だろう」。

でもスタローンは本作を創った。それはまだヒット作が創れることを証明するためではない。「もう一度大好きなロッキーを創りたい。俺が一番やりたいのはこれなんだ」 本作からはそんな彼の想いが強く伝わってくる。そして「ロッキー」同様に、スタローンの想いが映画に大きな力を与えている。

また本作で見事なのは「敵役」であるチャンピオンの造形である。チャンピオンでありながらも自分の価値を周囲に認められず、つねに「証明」することで頭がいっぱい。それはまさしく30年前のロッキーそのもの。そんな「敵」を見るロッキーの目はやさしい。結果が欲しいチャンピオンと過程そのものに価値を見いだすロッキー。二人の利害は対立しないからだ。「どちらにも勝って欲しい」 そう思ったのは私だけではないだろう。

ロッキーの行動の動機づけについては、決してはっきりと描写されているわけではない。そのあたりがピンとこない人も少なくはないでしょう。でもそんな人にはぜひ30年後にまた本作を見て欲しいな。喪失局面に入ったとき、目標もないのに進んでいくことの尊さ。スタローンの勇気と熱い想いがきっと伝わってくると思います。

ロッキー・ザ・ファイナル@映画生活

#133

|

« デジャヴ | トップページ | ハンニバル・ライジング »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/14793819

この記事へのトラックバック一覧です: ロッキー・ザ・ファイナル:

» ロッキー・ザ・ファイナル 観てきました。 [よしなしごと]
 先日テレビでやっていたロッキー4と、ロッキー5を観て予習し、ロッキー・ザ・ファイナルを観ようと思ったら、なんと野球の延長でロッキー4は15分、ロッキー5に至っては30分もおしりが切れてました!すごいショックです!  そうは言っても、切れてしまったものはしょうがない。ロッキー・ザ・ファイナルを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2007/04/29 19:27

» ロッキー・ザ・ファイナル [Akira's VOICE]
ジャマイカはヨーロッパではありません。 [続きを読む]

受信: 2007/04/30 11:53

» ロッキー・ザ・ファイナル (Rocky Balboa) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 シルヴェスター・スタローン 主演 シルヴェスター・スタローン 2006年 アメリカ映画 103分 ドラマ 採点★★★★ 永遠の13歳のつもりでいても歳は確実に取っていってるわけで、昔から自信の全くない体力こそ然程変化しないものの、若い世代に対する苛立ちやじれったさ..... [続きを読む]

受信: 2007/04/30 16:14

» ロッキー・ザ・ファイナル    ROCKY BALBOA [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
NEVER GIVE UP 自分をあきらめない第一作の公開から30周年、六作目にして「ロッキー」シリーズ最終作の本作品。本シリーズは無名の俳優であったシルベスター・スタローンを一躍スターダムに押し上げ、また「愛と友情」「努力すること」「苦難に立ち向かうことの尊さ」を描いたメッセージ性の強い作品として、いまでも高い人気を誇る。ストーリー:ボクシング界から身を退き、小さなイタリアン・レストランを経営するロッキー。他界した愛妻エイドリアンとの思い出にすがって生きているロッキーは、自分の奥底に...... [続きを読む]

受信: 2007/04/30 23:25

» ロッキー最終章 [ツインターボ新米社長日記]
「The world ain't all sunshine and rainbows. It is about how hard you can get hit and keep moving forward, how much you can take and keep moving forward. That's how winning is done!」 「世界はいつもバラ色じゃない。大切なのは、どんなに強く打ちの....... [続きを読む]

受信: 2007/05/09 11:53

» 「ロッキー・ザ・ファイナル」 [シネマ・ワンダーランド]
「ロッキー」の日本初公開から30年が経過した。シリーズ6作目となる「ロッキー・ザ・ファイナル」(2006年、米)。30年前に大阪・梅田の映画館で第1作を鑑賞したが、ファイナルは第1作を彷彿とさせて非常に懐かしい気分にさせてくれる。本作は第1作同様に、「イタリアの種馬」ロッキーことシルベスター・スタローンが脚本を書き、またメガホンも取った。世界中で一体、どれだけ多くの人がこのシリーズの映画を見たことであろうか。また、本作は第1作と完全につながっており、2作から5作までは完全に無視できたとして...... [続きを読む]

受信: 2007/10/12 00:26

« デジャヴ | トップページ | ハンニバル・ライジング »