« 炎のメモリアル | トップページ | 007/カジノ・ロワイヤル(2006) »

2006/11/25

トゥモロー・ワールド

Children 2027年。約18年間、人類には子供が生まれていなかった。

「アズカバンの囚人」の監督として知られるアルフォンソ・キュアロンが手がけた近未来SF。2作目までの「魔法キラキラ」なハリー・ポッターを突如ダーク・ファンタジーに仕上げて喝采を浴びたキュアロン監督。本作では憂鬱になるほどダークでリアルな近未来が描かれている。

本作で描かれる20年後の世界は今以上に暴力が支配する世界。人間の野蛮さが山盛りに描かれ、その冷徹な暴力描写と相まって何ともやりきれない気分になる。50年じゃなくて20年というところがミソ。20年はすぐそこ。世界にも現在の痕跡がはっきり刻まれている。「人ごとではない」感がひしひしと伝わる。

本作で印象的なのはアクションシーンで多用されている「長回し」。今のことだからそれなりにトリックがあるのかも知れませんが、臨場感抜群であることは間違いなし。ただ臨場感ありすぎて手ぶれも多いため、ちょっと酔いました。ブレア・ウィッチほどじゃないけれど。

「子供が生まれない」というと、「少子化対策」が声高に叫ばれる現在の日本にはタイムリーなテーマかと思われるかも知れないが、本作のテーマは「少子化対策」などとは何の関係もない。そもそも「少子化」で困っているのは大人たちだ。自分たちの作り上げたシステム維持のために、なんとか必要な子供の数を工面しようとしているのが「少子化対策」である。

「少子化対策」という考えの源には「子供は生まれて当然」というおごりがある。「生みやすい環境作りさえしてやれば当然生まれるだろう」というわけだ。しかしそうではない。子供は「生まれて当然」ではないのだ。

テロリストや完全武装の兵士たちが、なぜ子供を見て涙し、ひざまずいて十字を切ったのか。それは生命の誕生がもっとも身近な「奇跡」だからだろう。「奇跡」を目にした人間はそれを与えてくれたものに感謝する。そして「与えられたもの」を慈しむ。

そんなある種の「敬虔さ」を失ったとき、「奇跡」も失われるのかも知れない。

トゥモロー・ワールド@映画生活

#115

|

« 炎のメモリアル | トップページ | 007/カジノ・ロワイヤル(2006) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/12811624

この記事へのトラックバック一覧です: トゥモロー・ワールド:

» 『トゥモロー・ワールド』 [ラムの大通り]
(原題:Children of men) ----これってアルフォンソ・キュアロンの新作だよね。 彼のフィルモグラフィって、どこか変わってるよね 「うん。今度は近未来SFだしね。 しかも赤ちゃんが生まれなくなって ついに人類に明日への希望がなくなった世界」 ---でも、そういうのって安っぽくなりそう。 「いや、ところがね。 実にリアルなんだ。 町の風景もきている服も今の時代とそう変わりはしないし、 差別もあればゲリラ�... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 18:12

» トゥモロー・ワールド [PICO*THEATRE ]
唯一の希望を失えば、人類に明日はない お薦め度:.★★☆. 観た後何だかポカーンとしてしまいました。これだけ中身のない作品も昨今ありません。もしかして現代(近未来)のキリストのイメージ再現をしたかったのかもしれ... [続きを読む]

受信: 2006/11/30 00:10

» トゥモロー・ワールド (Children Of Men) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アルフォンソ・キュアロン 主演 クライヴ・オーウェン 2006年 アメリカ/イギリス映画 109分 SF 採点★★★ 赤ん坊ってのは、ホント不思議な生き物で。その顔を真っ赤にして泣き叫ぶ泣き声に一体どんな効力を秘めているのか分からないが、一旦その泣き声が響き渡れば..... [続きを読む]

受信: 2006/12/13 20:43

» トゥモロー・ワールド  2027年に今のイラクを思う、英国以外全部崩壊 [もっきぃの映画館でみよう]
タイトル:トゥモロー・ワールド(原題 Children of Men) 製作国:アメリカ、イギリス ジャンル:近未来SF/2006年/114分 映画館:TOHO二条シネマズ(165席) 鑑賞日時:2006年11月26日 (日),14:00〜 70人ぐらい 私の満足度:70%  オススメ度:65% チラシを見たときは、どうもいまいちなタイトルだなあと あまり行く気にならなかたのですが映画館の予告でみて、 これはお金かけてそ... [続きを読む]

受信: 2006/12/16 02:39

» トゥモロー・ワールド(2006) [萌映画]
窓の外には空飛ぶ豚が! ということで、とてもイギリス的な映画「トゥモロー・ワールド」を見た。 これ、主演がいまいち好みでないクライヴ・オーウェンだし、設定のほうも人間だけ絶滅するならべつにいいじゃんとか思っちゃうので、見るつもりはなかったのだ。 が、あちらこちらの映画ブログで評判がいいようなので、見てみる気になった。 2027年になってもイギリスには二階建てバスが走っているし、騎馬警官もいる。車�... [続きを読む]

受信: 2006/12/16 14:35

» トゥモロー・ワールド 07078 [猫姫じゃ]
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン キウェテル・イジョフォー クレア=ホープ・アシティ チャーリー・ハナム う〜ん、、、...... [続きを読む]

受信: 2007/04/13 13:34

« 炎のメモリアル | トップページ | 007/カジノ・ロワイヤル(2006) »