« X-MEN | トップページ | NANA »

2006/07/24

スリーピー・ホロウ

Sh18世紀末。ニューヨーク郊外の辺境の村スリーピー・ホロウで連続殺人事件が発生した。被害者は全員首を切断されており、その首は発見されなかった。事件を解決するためにニューヨーク市警から送り込まれたクレーン捜査官は、住民達からある伝説を聞かされる。

本作の監督はティム・バートン。彼の作り込んだ箱庭のような画は、本作の舞台である閉ざされた辺境の村にはピッタリ。とてもファンタジックで見ていて楽しくなります。

忌まわしい伝説を持つ村に町からきた捜査官が乗り込み、伝説をなぞったような連続殺人事件に挑む。容疑者は村の名士達。と、まるで金田一耕助シリーズのような展開。しかし大きく違うのは伝説の亡霊が実在してしまうところでしょう。

亡霊がでてしまうと一転してホラーになってしまうと思いきや、もうひと捻りあるのが本作の立派なところ。亡霊を利用して殺人を犯した真犯人を用意していたのです。亡霊を凶器として使った推理ものは記憶にありません。さらには、劇中にさんざん登場した首なし死体に観客がいい加減に慣れてしまったところへ、スタンダードな「首のない死体」のトリックをもってきて真犯人を安全圏に逃がすところなど、なかなか鮮やかなものです。

そして本作においては、ホラー的描写もあまり強くなく、サスペンスの盛り上がりもほどほど、コメディー要素も大爆笑というほどではなく、すべてがほどほどの何となく「ゆるい」作りになっているのが大きな特徴でしょう。その「ゆるさ」は何となく日本の「サスペンス劇場」でも見ているかのような気分にさせます。

そしてクレーン捜査官に扮するジョニー・デップのゆるめの演技がさらに拍車をかけるわけです。この人、こんな感じの役が本当に似合ってますね。

真剣に見ると肩すかしをくうかも知れないけれど、気軽に見ればそれなりに楽しめる、そんな映画でしょうか。

#098

|

« X-MEN | トップページ | NANA »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/11061569

この記事へのトラックバック一覧です: スリーピー・ホロウ:

« X-MEN | トップページ | NANA »