« ポセイドン | トップページ | ダイ・ハード »

2006/06/07

オーメン(2006)

Omen_1 06年06月06日 全世界同時ロードショー

「あの名作を冒涜しようなどと目論む輩は、地獄の炎に焼かれる事となるだろう」

などと気勢を上げていたのはリメークを知った夏のこと。なのになぜか、しとしとと雨の降る6月6日の夜、21時40分からのレイトショーを見に行く自分がいました。

「空席状況:△ 空席わずか」

???! 自分も含めて5人くらいしか見に来ていないだろうと思っていたのに。上映開始が近づくとみるみる残席は減っていきます。シネコンの一番小さい、100人ちょっとの劇場だったものの結局は完売。

夜遅いのになんでこんなに人が・・・

まさか地域の悪魔崇拝者が集結していたわけでもないでしょうけど。こうしてオカルト映画の火(そんなものあるのか?)は脈々と受け継がれていくのでしょうかねぇ。

で、肝心の映画ですが、預言の内容にここ数年の事件を当てはめていくなど今風のアレンジもありますが、びっくりするほどオリジナルのままです。細かいエピソードもかなり忠実に再現されていました。ここまで忠実だとリメイクの存在意義をちょっと考えてしまいます。リメイクというよりは、音楽でいう「リミックス」のようなものかも知れません。

ただ作り自体はかなり真面目に丁寧であり、映像的にも重厚感があり見応えもあります。特にローマからイスラエルへの探索行などはよかったですね。殺人シーンも、オリジナルを生かしながらもちょっとおしゃれな演出(避雷針と一緒にステンドグラスが降ってきたり等)を施してありました。「ガラス」と「母」はだいぶ違いましたが。

ただ今回の殺人シーンは、オリジナルの超常現象的な雰囲気よりも不幸な偶然といった感じになっていまして、これを「リアルでよい」と取るかどうかですね。個人的には「職人さんが蹴っ飛ばしたトンカチが偶然」というよりも「突然カタンと解除されるサイドブレーキ」の方が好きですね。

そしてリメーク版の最大にして致命的な欠点は、音楽がジェリー・ゴールドスミスじゃ無いことですね(もう亡くなっていますので仕方ありませんけれど)。伊達にオリジナル版の音楽はアカデミー作曲賞を受賞していません。今回リメークを見て、子供の頃に見てトラウマになってしまうほど怖かった(今でも黒い犬を見るとびっくりします(笑))オリジナルの恐怖が、いかにゴールドスミスの音楽に依存していたか実感できました。

なにはともあれ、現在の世界を覆う不安感が30年ぶりに悪魔の子を引き寄せたのかも知れません。でも預言のシーンで挿入されるニュース映像の方が映画よりも恐ろしいなんて、ダミアンにはやりにくい時代になってしまいましたね。

オーメン@映画生活

#089

|

« ポセイドン | トップページ | ダイ・ハード »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

やっぱりオーメンには飛びついていましたか(笑)。
映画館の前には2006/6/6に合わせてタイマーがカウントダウンしている立ち看板がありました。
あれが0時を過ぎたときにはいったいどうなったのか凄く気になります。

残念ながらまだ観見なのですが、どうやら筋はほとんど同じようで、どうして今更作り直したのかちょっと不思議ですね。

旧作の音楽は脳裏に染み付いていますよ。
メインテーマは当時の映像に非常にマッチしていて、これこそがオーメンというほどの曲でした。
あの子供と一緒にいたころの曲も好きなんですけどね(笑)。
映画を観るときに音楽の閉める割合は大きいですね。それらは特に昔の作品に多いです。
最近のはなんだかあまり記憶に残んないんですよね。うーん。

投稿: ぽこ | 2006/06/08 20:48

お元気ですか?

これって06年6月6日に公開しようって、それだけの企画ですよね。
看板はたぶんダミアンの部分が切り取られてなくなっていて、「ダミアンは世に解き放たれた」とかなんとかコメントが入ってるんじゃないですかね。

昔は映像だけじゃなくて、ストーリーも演技も音楽も、全てが協力して映画を盛り上げてたんでしょうねぇ。いまは映像の力が増大してますから、それ以外の要素がおざなりになりがちなのかも。
って、ゲームとまったく同じですね。

投稿: starless | 2006/06/09 21:17

ずいぶん良いタイミングで映画館に足を運ばれたんですね。うらやましいような、ブルッと来るような…。その時間を選んで見に行った人が他にも結構いたのですね。さすがオーメン。さすがオーメンファン。

トンカチとサイドブレーキについての分析。言われて気がつきましたが、その通りですね。

どうも、今回のバージョンのほうが「不幸な偶然」的に見えるところがあって、もしかすると、すべて彼らの狂気で、超常現象でもなんでもないのかも…とふと思わせられるところが若干強いかななどと思っていました。トンカチとサイドブレーキもそういう方向に作用していたのかもしれません。

投稿: ちんとん@ホームビデオシアター | 2007/01/31 20:15

>超常現象でもなんでもないのかも

なるほど~。
子供の頃から見てるので「ダミアンは妄想の産物」なんてまったく考えもしませんでしたが、そういうのもアリかもしれませんね。

投稿: starless | 2007/02/03 00:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/10431852

この記事へのトラックバック一覧です: オーメン(2006):

» 『オーメン』 [ラムの大通り]
----この映画、2006年6月6日に全世界で一斉公開なんだって? 「そう、1000年に一度の666だからね。」 ----前作が1976年だから30年経っているわけだよね。 いまさらって感じもしたけど、そういう意味があったんだ…。 「うん。ただ恥ずかしながら、 ぼくは前作は、ついに観ないままなんだよね」 ----えっ、それはなぜ? 「この映画は『ローズマリーの赤ちゃん』『エクソシスト』と並ぶ いわゆる<三大悪... [続きを読む]

受信: 2006/06/07 22:52

» オーメン/THE OMEN [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:リーヴ・シュレイバー/ジュリア・スタイルズ/ミア・ファロー/デヴィッド・シューリス/ピート・ポスルスウェイト/マイケル・ガンボン/シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック/脚本:デヴィッド・セルツァー/監督:ジョン・ムーア/作品『オーメン/THE OMEN』を観ました。 ●感想  ・1976年に初公開されたオリジナル版は、リアルタイムで子供の頃に観たのですが、当時の私にとっては人の死に方があまりにも残酷すぎて、ビビってしまい、まともに最後まで観れなかったという怖い思い出が..... [続きを読む]

受信: 2006/06/14 01:56

» 『オーメン』&『オーメン666』 [ちんとんのホームビデオシアター]
★映像と子役が良いのは2006年版だが、1976年版も捨てがたい。 2006年版 [続きを読む]

受信: 2007/01/31 20:16

« ポセイドン | トップページ | ダイ・ハード »