« ミッション・インポッシブル3 | トップページ | アイランド »

2006/06/29

007/死ぬのは奴らだ

Sinu シリーズ第8作 1973年

【007】 ロジャー・ムーア
【 敵 】 カナンガ(サンモニーク大統領)
【主な舞台】 ニューヨーク~ニューオリンズ~サンモニーク

本作から3代目ジェームス・ボンド、ロジャー・ムーアが登場します。

個人的には最も見慣れているムーアですが、改めて本作を観ると、コネリーなどと比べてベビーフェイスとでもいいますか、とても「カワイイ」顔をしているのが印象的です。

そんなルックスを反映してかムーアのボンドは、冷酷度ダウン、いやらしさアップ、ひょうきんさアップといったところでしょうか。なにしろムーアボンドの初登場シーンはいきなりベッドシーンですからたいしたものです。ただ甘いわりに崩れてしまわないのは、さすが英国産といったところでしょうか。

そんな新ボンドの門出となる本作ですが、前作同様なんとも冴えない仕上がりといっていいでしょう。敵側が全員黒人というのも異色ですが、本作の特徴はブードゥー教やタロットカードなど全編に漂うオカルトムードでしょう。そしてそれが神秘性を高めるのではなく、ひたすら野暮ったくなってしまっているのが悲しいです。

アクションシーンもあまり特筆すべきものはなく、見せ場であろうボートチェイスなども、面白いようでいて何となく間延びしており、間に挟まれるペッパー保安官のコメディーシーンも緊張感を大いに削いでくれます(まぁ、つまらないわけじゃないんですが。くどいんですよね)。

総じてボンドのソフト面、コミカル面を強調しすぎたのかもしれませんね。結局、冒頭のMとマニペニーのムーア邸襲撃シーンが一番おもしろかったです。

つぎの「黄金銃」も観るのつらいなぁ。

#093

|

« ミッション・インポッシブル3 | トップページ | アイランド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/10714392

この記事へのトラックバック一覧です: 007/死ぬのは奴らだ:

» 007/死ぬのは奴らだ(1973) [萌映画]
007の第8作。ロジャー・ムーア初登場、女たらしあり、カーチェイスあり、ボートチェイスあり、怪しいブードゥーあり、蛇あり鰐あり…、の盛りだくさんの娯楽作である。 欲張り過ぎて焦点がボケた感じがあるが、まあ、007の王道ではあるだろう。 ロジャー・ムーアはこのときすでに45歳位。初代ショーン・コネリーに比べてだいぶ油が抜けている感じだ。 ボンドガールのジェーン・シーモアが美しくて素�... [続きを読む]

受信: 2006/06/30 11:08

« ミッション・インポッシブル3 | トップページ | アイランド »