« DEATH NOTE | トップページ | 007/死ぬのは奴らだ »

2006/06/26

ミッション・インポッシブル3

Mi3 トム・クルーズ主演のスパイ・アクション・シリーズ第3弾。

「イーサン・ハントの人間性に厚みを持たせること」

トム・クルーズ自ら製作に名を連ね、シリーズ中最も気合いが入るとともに難産であった本作のテーマはこれ。イーサンの私生活を描くことでキャラクターにリアリティーを持たせ、映画を荒唐無稽さを減じることを目指して作られたようです。

そしてそれは概ねうまくいっていたのではないでしょうか。冒頭の婚約パーティーの様子などをしっかり時間を取って描いていくことで、類型的かも知れませんが、自分の秘密を後ろめたく思いながらも妻を愛する夫と、秘密の存在を感じながらも夫を信じようとする妻の心の動きは伝わってきたような気がします。

しかし個人的な好みでいえば、この「厚み」が本作で唯一気に入らなかった部分となってしまいました。決して「厚み」の持たせ方が気に入らなかったわけではありません。夫婦の演技は悪くなかったと思いますし、観ていてしんみりさせられるシーンもありました。私が思ったのは「家族のために戦うスパイは観ていてつらい」という一点なのです。

ミッション・インポッシブルは「スパイ大作戦」です。純粋なスパイ同士のだましあいを楽しむ映画です。2作目以降はどんどん作戦に緻密さがなくなり、本作などは「侵入」というより「押し入り」に近い乱暴さですが、そんなことには目をつぶれます。しかし、上海のビルの屋上でスタンバイするイーサンの顔が、ミッションの困難さに対する緊張ではなく、妻の身を案じる恐怖でこわばるのを観るのはつらいんですよねぇ。

「荒唐無稽さ」を減じることを目標にした本作ですが、スパイ映画は荒唐無稽でいいじゃないですか。ミッションの成否に大切な人の命がかかっていなくてもいいじゃないですか。まぁ、このあたりは好みの問題なのですけれども、個人的にはちょっと重たかったですね。

でも映画自体はいい出来でしたよ。見せ場である橋の上での襲撃シーンなども、ハラハラを通り越してイーサンたちが心配になるくらいの緊張感でしたし(でも「荒唐無稽さ」を排したわりには攻撃機を自動小銃で撃墜するのはどうなのでしょう?)。また各地のロケシーンもよかったですね。特にバチカンの美しさは印象的で、壁を乗り越えて視界が開けたときの景色は見事でした。

数少ない、安心して楽しめる大作スパイアクションとして、今後も続いて欲しいシリーズですね。

M:i:III@映画生活

#092

|

« DEATH NOTE | トップページ | 007/死ぬのは奴らだ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

荒唐無稽でも「いいじゃないの」と許せる映画と
「おいおい」とツッコミたくなる映画がありますが、
この映画はまさしく前者。
「ツッコミなんてヤボ」
と言いたくなる
素敵な時間を過ごさせてもらえました。

投稿: えい | 2006/06/28 23:19

まさにその通りですね。

やはり映画には、ニュースでもドキュメンタリーでも見られないような「とんでもないもの」を見せて欲しいものです。

投稿: starless | 2006/06/29 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/10689445

この記事へのトラックバック一覧です: ミッション・インポッシブル3:

» 『M:i:III』 [ラムの大通り]
----さっそく先行ロードショーに行ってきたんだ。 どうだった? 監督交代などいろいろあったみたいだけど……。 「正確に言えば先々行ロードショー。 試写で観られなかったブロックバスター作品は、 やはり少しでも早く観たいからね。 でも、フォーンが言うように監督J.J.エイブラムスも映画では新人みたいな人だし、 これまでのブライアン・デ・パルマやジョン・ウーに比べて こちらの<観る>モチベーションとし�... [続きを読む]

受信: 2006/06/28 23:05

» 『M:i:3』 [京の昼寝〜♪]
2006年夏、最も不可能なミッションが始まる! ■監督・脚本 J.J.エイブラムズ■キャスト トム・クルーズ、ヴィング・レイムス、ローレンス・フィッシュバーン、ケリー・ラッセル、フィリップ・シーモア・ホフマン、ビリー・クラダップ 、マギー・Q、ジョナサン・リス=マイヤーズ □オフィシャルサイト  『M:i:3』 イーサン・ハントをチーム・リーダーに、IMFの新た�... [続きを読む]

受信: 2006/06/29 00:38

» 【劇場鑑賞67】 M:i:III(MISSION: IMPOSSIBLE III) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
タイムリミット48時間―― この夏、世界各国で 最も不可能なミッションが始まる! [続きを読む]

受信: 2006/06/29 00:54

» ミッション・インポッシブル3 [私のひとりごと♪]
昨日、友達とミッション・インポッシブル3を観てきました。今回は前作2作のアクションだけじゃなく、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントの人間的なところにまで焦点を当てていました。仕事とプライベートの両立が1つのテーマになっていたと思います。危険な仕事だか...... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 09:42

» M:i:III [海外ドラマ&映画 大スキ!]
先々行上映で観てきました。正式タイトルは ミッション・インポッシブル3 じゃなくて M:i:III なんですね。 1作目 ミッション:インポッシブル 2作目 M:I-2 3作目 M:i:III 毎回、タイトル表記の仕方がバラバラじゃないですか。内容も毎回バラバラなんですけどね。 何もか..... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 16:59

» MI:Ⅲ~一番インポッシブルなミッションを成功させたのは・・・ [王様の耳はロバのママ]
土曜に梅田のブルクでMI:Ⅲを観てきました。 先行上映と言いながら、あっちこっちで上映してるこの映画。 さすがに見応えは大アリでした。 お金出して見る価値は大いにあるけど、1800円出すかどうかは 微妙だな~。 お金もかかってる映画なので、1500円...... [続きを読む]

受信: 2006/07/03 19:27

» 『M:i:III』(ミッション:インポッシブル3)感想(^▽^*)☆ [『ラスト・ワールド〜人間の幸福〜』]
 あっ、あいつはモーフィアスだぁー(違)!!! □これぞ王道!ザ・スリリング・スパイムービー!  とにかくテンポが素晴らしかったです☆  ダルさを感じるまもなくドンドン展開が進んでいきます。金使うよね、ほんと!  えっこんな凄いセットなのに、この一瞬でもう終わり?もう壊しちゃうの(笑)!  ってくらい凄かったです(^^*)。 □映画のココに感動した!!!  今回は僕もいつになく... [続きを読む]

受信: 2006/07/08 15:13

» M:i:III (2006) [萌映画]
一大娯楽映画である。 アクションあり〜のどんでん返しあり〜の「このテープは5秒後に消滅する」あり〜の…。 トム・クルーズは好きじゃないけど見てみたいミッション・インポッシブル、やっぱトムトムはゴチソウサマだったけど、ジュリア(ミシェル・モナハン)が強かったから許す。 イーサン・ハント(トム・クルーズ)の私生活はともかく、アクション&サスペンスとしての展開はなかなか楽しめたと思う。 撮... [続きを読む]

受信: 2006/07/13 13:28

» カーズ >> M・I・Ⅲ [朱色会]
ここに訪れた読者は、映画に関心があるか、映画ジャンキーな方。 だから、生半なコトバを吐けなくなってきた。 少々読者のプレッシャーも感じています。 しかし、スネークマンショーが教えてくれたこと 「音楽にはイイモノもあれば、ワルイものもある。」 そして、映画にも…それは当てはまる。 昨今は自分の書いたものに責任感を感じるようになってきたが ごまかしをしないでまっすぐ書いていくことが「信条」だ。 これまで通り、自分の感性を信じて素直に書いていく。 今日は、映画の日。 1本分の入場料で、2本観... [続きを読む]

受信: 2006/07/15 16:01

» MI3(ミッション・インポッシブル・3) [映画と私]
HP:M・I:III(ミッション・インポッシブル3) 私的分類:アクション/スパイ 鑑賞方法:映画館2006/7/11 評価:★★★★スパイを引退したイーサン・ハントは教官となり、婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしていた。しか... [続きを読む]

受信: 2006/07/21 13:10

» MI:III 06年230本目 [猫姫じゃ]
M:I:III  ミッション:インポッシブル:3 2006年   J・J・エイブラムス  監督トム・クルーズ 、フィリップ・シーモア・ホフマン 、ビング・レイムズ 、ビリー・クラダップ 、ミシェル・モナハン 、ジョナサン・リース・マイヤー....... [続きを読む]

受信: 2006/12/10 21:19

« DEATH NOTE | トップページ | 007/死ぬのは奴らだ »