« サウンド・オブ・サンダー | トップページ | シンデレラマン »

2006/04/26

女王陛下の007

Ohm シリーズ第6作 1969年

【007】 ジョージ・レーゼンビー
【 敵 】 ブロフェルド(スペクターNo.1)
【主な舞台】 スイス

前作までのシリーズを、そのキャラクターの魅力でひっぱてきたショーン・コネリーを欠くこととなった第6作。そのせいか、背水の陣とでもいうべき製作者の気迫をひしひしと感じる仕上がりとなっています。突飛な秘密兵器や大がかりな仕掛けを極力廃してボンドの生身のアクションを中心に物語を組み立て、宿敵ブロフェルド役には存在感あふれるテリー・サバラスを配します。メインタイトルの主題曲はヴォーカルは入っていませんがかなりの名曲。映画全体が一丸となって新ボンドをバックアップしようという意気込みが伝わってきます。

シリーズに欠かせないという印象のあるスキーアクションも実は本作が最初(ショーン・コネリーのスキーシーンはここまでなかったのです)。前述の主題曲をバックにしたスキーアクションは鳥肌もののかっこよさです。ボンドだけでなくブロフェルドまでが超人的にスキーが上手いのには笑いました。ヘリによる暁の特攻シーンなども、スケールこそ大きくないものの、リアルなアクションシーンとして充実しています。

そんな全面的な支援を得て登場した新ボンド、ジョージ・レーゼンビー。はっきり言って存在感薄いです。テリー・サバラスに喰われるのは仕方ないとしても、見終わると顔を思い出せません。一般的にシリーズの中でかなり評価の低い(最低?)本作ですが、低評価の一因が彼にあることは間違いないでしょう。

彼をもり立てるために、個人的にはシリーズ最高ともいえる仕上がりとなった本作が、その彼のおかげでシリーズで最も低評価を受ける。でも、もし主演がショーン・コネリーのままだったらここまで充実した作品にはならなかったであろうし(それは次作でもあきらか)、本当に映画とは難しいものですね。

本作の低評価のもう一つの原因は、ストーリーそのものにあるのかも知れません。つまり「ボンドに結婚させるのは反則だ」といったところでしょうか。

ボンドのキャラクター的魅力がシリーズの面白さの一因であることは間違いありませんが、それはあくまでも果敢さであったり軽妙さであったり洒落っ気であったり。いわゆる「プライベート」な部分を描いて人間的魅力を出して行くキャラクターとは全く異なるものです。ボンドの場合は、逆に「プライベート」な部分が感じられないから魅力的だ(まるでおとぎ話の主人公のように)といえるのかも知れません。

そんなボンドに結婚させ、それをもとにラストのドラマを盛り上げる。そんな「反則」っぽいシナリオを嫌う人が多いのも頷ける話です。本作同様にボンドの私的な面を描いた「消されたライセンス」の評価が低いのも、同様の理由からでしょう(こちらは私的な復讐を描きました)。

でも私は思うのです。007シリーズは40年以上、20作にわたって続いています。その中で2作くらい、ボンドの違う一面を描いた、いわば外伝的な作品があってもいいのではないでしょうか。外伝とは作者からファンへのサービスのようなもの。本作には、ボンドの執務室やMの自宅など、他では見られないようなシーンも含まれています。これらもファンだけが楽しめるサービスだとはいえないでしょうか。「ショーンはいないし、ジョージはいまいち。でもここまで支えてくれたファンのみんなに楽しんでもらえるように、がんばって作ったよ」 そんな映画なのではないでしょうか。

結婚式のシーンで旅立つボンドを見送るマニペニーの気持ち。そんな彼女に帽子をなげるボンドの気持ち。セリフはないけれど通い合う二人の思い。ファンだったら、40年のシリーズの中で一度だけ、マニペニーのために涙を流してあげてほしいシーンです。

これからシリーズを見始める人にはあえて勧めないけれど、シリーズが好きになったら、最後でいいから見て欲しい作品です。

#078

|

« サウンド・オブ・サンダー | トップページ | シンデレラマン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

スキーシーンはその後もありましたし、すぐ後の「私を愛したスパイ」でもプロローグであったかな?

ラストでの悲劇的なシーンは、あまりのことに言葉もありません。これほど沈痛なエンディングを迎えたのはシリーズ上本作だけでしょうね。
その悲しみを次作で少々軽いものにしているように感じてなりません(そりゃいつまでも引きずるわけにもいきませんけど…うーん)。

確かに外伝的要素を持った作品でしたね。
良くも悪くもボンド役の方もこの一作だけになってしまいましたし…。

トラックバックさせていただきました。

投稿: 白くじら | 2010/08/13 10:43

任務が終わったあとで、ボンドにドラマが降りかかる。

任務以外のボンドが描かれることさえ珍しいだけに、本当に異色の一本、評価が分かれる一本ですね。

投稿: starless | 2010/08/13 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/9771284

この記事へのトラックバック一覧です: 女王陛下の007:

» 007-6 女王陛下の007 [MOVIE-DIC]
娘の『病気』を治すには、力強い助けが必要だ。 1969年(On Her Majesty's Secret Service)製作国:アメリカ、イギリス監督:ピーター・ハント原作:イアン・フレミング製作:ハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ製作総指揮:脚本:ウォルフ・マンコウィッツ、リ…... [続きを読む]

受信: 2010/08/13 10:34

« サウンド・オブ・サンダー | トップページ | シンデレラマン »