« 007/ドクター・ノオ | トップページ | 007/ロシアより愛をこめて »

2006/01/02

スター・ウォーズ ジェダイの帰還

ep6 エピソード6に当たるシリーズ第3作。

生まれ故郷のタトゥイーンに戻ったルークは、ハン・ソロ奪還のためジャバの宮殿に乗り込む。そのころ帝国軍は第2デススターを完成させようとしており、反乱軍の本拠地は危機に瀕していた。

公開当時は「ジェダイの復讐」と呼ばれていた本作。DVD版の発売にあわせて日本語タイトルが変更となりました(というよりもとの意味に戻したのですね)。

ルーク・スカイウォーカー時代の締めくくりであり、現段階ではスター・ウォーズ・サーガ全体の完結編である本作。私の公開当時の印象はあまりいいものではありませんでした。

まず、映画全体の展開の目まぐるしさがあります。今見るとそれほどでもないのですが、当時は(子供だったせいもあるかも知れませんが)とてもせわしない映画に思えました。特に後半は、ルークはデススターでベイダーと対決、ハンとレイアはエンドアでシールド破壊、チューバッカとランドはデススター攻撃と、主役級が3グループに分かれザッピング風に物語が進みます。最近の映画では珍しくもないのですが、当時はついて行くのが大変だった思い出があります。

また他にも気に入らない点がたくさんあります。

まずハン・レイア組ですが、シリーズの最後を飾る戦いが、イウォーク族に救われるというのがいまいちでしたね。イウォークは全然強そうに見えませんし、彼らにやられる帝国軍の情けない姿。全然盛り上がりませんよ。

皇帝の負けっぷりも気に入りませんでした。諸悪の根源である皇帝の最期があれでいいんでしょうか?まぁ当時は皇帝がどれほど悪いやつなのか詳細には描かれていませんでしたが、「1~3」を見た今となっては、ますますあの強力な皇帝が投げ捨てられて終わりっていうのは・・・もっと他の案なかったのでしょうか。

さらにエンディング。ルークたちや幽体の皆さんでしんみりするシーンはまぁいいのですが、それがイウォークの宴会ってのはどうなんでしょう。やはりシリーズの最後ですから、「4」みたいに勇壮な感じがよかったなぁ。

全体としてみると、ストーリー自体は壮大なサーガの締めくくりとして文句はないのですが、映像的にその壮大さが感じられない部分が多かったのでしょうか。そんな文句いっぱいの本作ですが、なぜか今見ると結構楽しめてしまいます。時は全てを解決するのですね。

本作の最後、オビ・ワンとヨーダとアナキンが幽体化して出てくるシーンがあります。DVDをご覧になった方は驚かれたと思いますが、アナキンがヘイデル・クリステンセンに差し替えられています。これについては当然賛否両論あると思います。しかし「3」を見終わった今、ルーカスが差し替えた気持ちがなんとなく分かるような気がします。

炎の中に消えたアナキンを、最後にもう一度きれいな姿で残しておいてあげたかったのでしょう。

#057

|

« 007/ドクター・ノオ | トップページ | 007/ロシアより愛をこめて »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/7968398

この記事へのトラックバック一覧です: スター・ウォーズ ジェダイの帰還:

« 007/ドクター・ノオ | トップページ | 007/ロシアより愛をこめて »