« 回想のビュイック8/スティーヴン・キング | トップページ | ハリー・ポッターと炎のゴブレット »

2005/11/21

バットマン ビギンズ

batbegin バットマン・シリーズ第5弾

両親を殺された少年ブルース・ウェインが、ゴッサム・シティにはびこる悪と戦うバットマンとなるまでを描く。

最近のアメコミものは意外とおもしろい。

「スパイダーマン」もそうでしたが、アクションシーンもさることながら、ドラマ部分に力を注ぎ、またヒーローの心情を丁寧に描くことで、単純に「おもしろい」と思える映画となっています。

本作ではトラウマを持ったブルースと、彼の周りに配置された魅力的な協力者とのやりとりがおもしろい。とくにマイケル・ケイン扮するアルフレッドが素晴らしい。ユーモアにくるんだブルースへの想いが見るものに伝わり、実に印象的なキャラクターとなっています。

冒頭の収容所から修行シーンあたりが唐突な印象を与えますが、ゴッサム・シティに戻ってからはエンディングまでよいテンポで話が進み、一気に見せます。

また「バットマンになる」過程をつぶさに描くことがリアルさ(実際はリアルではないのですが)を演出し、物語のシリアスさの向上に一役買っているようです。

本作はスパイダーマンと対比してみるとおもしろい。

スパイダーマンは自身が超人的な特殊能力を持っている代わりに、貧乏で協力者もなく彼女ともうまくいかない。特殊能力以外は何も持っていない。

対してバットマンは、体こそ鍛えているものの特殊能力は一切持たないが、代わりに大金持ちで協力者に恵まれ、彼女ともなんとなくうまくいっている。特殊能力以外は全てを持っていると言っていいでしょう。

物語は「スパイダーマン」が比較的明るくコミカルなのに対して、「バットマン・ビギンズ」は暗くシリアス。でも考えてみると、もし「スパイダーマン」が暗くシリアスな調子だったら救いが無さすぎますね。「持つもの」には暗い物語を、「持たざるもの」には明るい物語を、でバランスが取れるのでしょう。

しかし「バットマン・ビギンズ」を見て思うのは「仲間のありがたさ」ですね。スパイダーマンが少しかわいそうになりました。

それにしても、バットマンは自分が一番怖いものになったのですね。わたしだったら何になるかな・・・犬かな?

#052

|

« 回想のビュイック8/スティーヴン・キング | トップページ | ハリー・ポッターと炎のゴブレット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

きょうstarlessの、協力しなかったー。
それにしてもちゃん吉は、修行したかったの♪

投稿: BlogPetのちゃん吉 | 2005/11/26 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/7252944

この記事へのトラックバック一覧です: バットマン ビギンズ:

« 回想のビュイック8/スティーヴン・キング | トップページ | ハリー・ポッターと炎のゴブレット »