« グラディエーター | トップページ | レッド・オクトーバーを追え! »

2005/10/01

閉ざされた森

basic ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソンの2大スター競演の軍事サスペンス。監督は「ダイ・ハード」のジョン・マクティアナン。

嵐のジャングルで訓練を行っていたアメリカ軍レンジャー部隊7名が消息を絶ち、重傷者を含む2名が救出されたものの、他は消息不明となる。事件の真相を究明するため生存者に尋問をおこなったところ、彼らの証言は微妙な食い違いを見せる。

生存者はジャングルで何があったかを知られたくないために、尋問官ハーディに嘘をつきます。観客もハーディの側に立って「だまされないぞ」と再現フィルムを見るわけですが、この段階で観客は術中にはまっていることになります。

そもそもこの一連の騒ぎは、ウエスト軍曹率いるグループが基地指令官であるスタイルズを罠にかけるために画策したものであり、ハーディは「だまされる側」ではなく「だます側」な訳です。観客が注意を向けるべき相手は生存者ではなくハーディなのです。一見たいした尋問官でなさそうなハーディが、何となく真相に迫っていけるのも彼があらかじめジャングルで起きたことの真相を知っているからに他なりません。

繰り返されるジャングルでの再現フィルムは、もっと大きな真相から目をそらすためのトリックだった訳です。

この映画の欠点は、その目くらましである再現フィルムが理解しにくい事かもしれません。視界のきかない夜のジャングル。天候は嵐。登場人物は7人もいます。結局顔と名前が一致せず、どんな人なのかも判らないままいろんなパターンの再現フィルムを見せられ、頭の中は再現フィルムを整理して理解することで一杯になってしまいます。もう少し登場人物を減らして、理解しやすくしても良かったのではないでしょうか。

ウエスト軍曹らの企みを推理だけで読み解くことができるだけのヒントが映画の中で観客に与えられていたかは疑問ですが、まぁ推理小説ではないことですし必ずしも「フェア」である必要はないでしょう。サスペンスとしてみれば、それなりに楽しめたと思います。「だまされる」ことも映画の楽しみの一つですから。

私などは「どう考えたってサミュエルがあれで死んだままって事はないでしょ」と彼の復活を確信していましたが、メイキングの中では「サミュエルを殺すことはできないので、脚本を書き換えた」と述べられていました。ひねくれた見方をする観客も観客だけれども、作る側も作る側ですね。映画製作者もいろんな方面に気をつかうのですね。

「登場人物が嘘つきばかり」というと、チャン・イーモウ監督の「HERO」を思い出します。しかし、その「嘘」に登場人物の思いが込められていたことが、「HERO」の素晴らしさにつながっていました。

本作の「嘘」はどうだったでしょうか。

#048

|

« グラディエーター | トップページ | レッド・オクトーバーを追え! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この作品はサスペンスでありながらも、全て嘘で固められていたために伏線と言うものがほとんど判りませんでしたね。それに状況が夜で嵐でしかも顔が汚れているということで、さっぱり頭をふりふりしても無理でした(笑)。
でもってこういう結末でしたから、あとになってああそういうことでこの人はというのが初めて分かるので…うーん、ちょっと作り方としてどうなのかと思ってしまいました。

「HERO」の嘘とはずいぶん違っていましたね。

本当のシーンも再現して欲しかったです。ちょっと難しそうですが。

投稿: ぽこ | 2005/10/01 10:11

すごーく前から気になっている作品です。
なぜ観ないままなのかは、ジョン・トラボルタ・・・。(汗)
生理的に苦手なんです。あの割れたアゴ。
ユアン・マクレガーは許せるのになぁ。なぜなんだろう。
でも『パルプ・フィクション』とか観ました。
『炎のメモリアル』は途中で寝ました。(汗)

あぁ、レビューと関係ないことを書いてごめんなさい。しくしく。

投稿: つっきー | 2005/10/01 14:18

コメントありがとうございます。

> ぽこさん
伏線というかトリックというか、なんか力業で押し切られたような映画でした。オリジナルの脚本はもっとダークな悪人ばかりのお話だったようですが、トラボルタを主演にするに当たって、気をつかって主人公を善玉に変更したようです。
ひょっとするとオリジナルはもっとできのいいお話だったのかもしれません。

> つっきーさん
基本的にトラボルタのための映画と言ってもいい映画ですから、彼にアレルギーのある方はご遠慮いただいた方がよさそうです。
まぁ「どんでん返しもの」としてはたいしたことありませんので、見なくても悔いはないと思います。
しかし、トラボルタもすっかり丸々としてしまいましたね。愛嬌はありますが。

投稿: starless | 2005/10/01 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/6193839

この記事へのトラックバック一覧です: 閉ざされた森:

» 閉ざされた森 -BASIC- [活動映像の街]
そこでは今も昔も利益と死が交錯している。 パナマの米軍基地から訓練に向かった鬼軍曹ウエスト(サミュエル・L・ジャクソン)率いるレンジャー部隊が嵐の密林で消息を絶ちました。17時間後の11/2(死の日)に発見された生存者はレンジャー同士で撃ちあっていました。追いか..... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 10:04

» 映画『閉ざされた森』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Basic この地、パナマはフランスによる最初の運河建設の時から死と金がついて回る。そんなナレーションから始まる米軍レンジャー部隊のミステリー。 ウエスト軍曹(サミュエル・L・ジャクソン)率いる訓練中のパナマ米軍レンジャー部隊が嵐のジャングルで消息を絶つ... [続きを読む]

受信: 2006/01/23 13:19

« グラディエーター | トップページ | レッド・オクトーバーを追え! »