« CUBE2 | トップページ | オーバードライヴ »

2005/07/25

キル・ビルVol.2

kill2 クエンティン・タランティーノ監督の「キル・ビル」、完結編です。

着実に復讐を重ねる「ザ・ブライド」。そして、いよいよ彼女は「ビル」のもとにたどり着く。

タイトルに「Vol.2」とあるように、「キル・ビルVol.1」の続きにあたる作品です。というよりも、「キル・ビルの後編」といったほうがよいでしょう。いわゆる「続編もの」ではありませんので、「Vol.1」を見ていない人は絶対見てはいけません。見ても意味が解りません。連続ドラマを途中から見るようなものです。

「1」で2人倒しましたので、「2」では残りの3人(バド、エル、ビル)との戦いとなります。

しかしこの映画、進むに従ってどんどんスローダウンしますね。「1」の冒頭のスピード感は一体どこへ行ってしまったのでしょう。「2」では「パイ・メイ」のエピソードが長い長い。エル戦、ビル戦の伏線になるのはわかるのですが、それにしてもあんな長さは必要ないでしょう。いい加減に話を忘れてきた頃に、ようやく復讐が始まるわけですが、次のバド戦は不戦勝。そして次のエル戦が本作のハイライトでしょうね。

最後は本来クライマックスになるべきビル戦ですが、これがまた長い。戦って長いならともかく、ほとんどは痴話喧嘩。最後になってじっくり会話に時間をかけ、娘まで出して人間ドラマ盛り上げようとしても、そりゃ無理ってもんですよ。やはり「ドラマ」にしようと思ったら、それなりに常識的な演出が必要でしょ。「1」であれだけ自分勝手な演出で客を置き去りにしておいて、最後に「さぁ感動して」って言われてもねぇ。

この映画を見て思ったのは「あまりにも違う要素を一本の映画に入れてはいけない」ということです。監督が自分の好きなものを全て入れたかったのはわかりますが、非常識なところは非常識さを楽しみ、常識的なドラマの部分は常識的に楽しむ、というのでは一本の映画としてはどうなのでしょう?それなら最初からオムニバスにすればよかったのです。結局は部分部分では楽しめても、一本の映画としてみると?な作品になってしまいます。

最近DVDによくついている「未公開シーン」などをみると、「意味のあるシーンだが、映画のテンポが悪くなるのでカットした」などと話す監督が結構多いようです。せっかく撮影したシーンを犠牲にしてまで維持しなければならないほど、映画にとって「テンポ」が大事だと言うことでしょう。

タランティーノ監督にも、もう少しテンポを大切にして欲しいです。

#032

|

« CUBE2 | トップページ | オーバードライヴ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。

バド戦、あそこでちょっとがっかりしたのです。やっぱりブライドがちゃんと復讐するのを観たかったです。不戦勝になるとは。
1とはあまりにも違ったテイストで、ほとんどの人たちがびっくりしたのではないでしょうか。
やっぱりそういうものや、starlessさんがおっしゃっているようにテンポは大事にしてほしいですね。

ところでエル戦の続きは3で実現されるのでしょうか(笑)。

投稿: ぽこ | 2005/07/26 00:05

「3」などという話が?
じゃあ、エルが座頭市になるのですね。
…絶対見ませんよ、そんなの(笑)。
「CUBE3」は見ると思いますけど。

投稿: starless | 2005/07/26 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/5149312

この記事へのトラックバック一覧です: キル・ビルVol.2:

» キル・ビル Vol.2 [活動映像の街]
半蔵の刀抜かせないことが勝ちの秘訣。 トゥーパインズ協会の惨劇から4年6ヵ月…再びエルパソに戻ってきたブライドの次なる標的はバド。バドはビルの実弟でしたが昔の面影は見る影も無く、バーのガードマンもまともに務まらないアル中と化していました。半蔵の刀を手に彼..... [続きを読む]

受信: 2005/07/25 23:56

» 映画『キル・ビル Vol.2』 [Trace Am's Life to Success]
~KILL is LOVE~バイオレンスと日本ヤクザを描いたタランティーノ監督の『キル・ビル Vol.1』の続編.タイトル通り,ビルをキルしたい映画.結婚式のリハーサル中に奇襲を受け,夫と子供を殺された1人の女.なんとか一命を取り留めた彼女はビルとその部下をキルするために立ち向かうという内容.前作では部下を複数人殺すこ... [続きを読む]

受信: 2005/09/17 15:10

« CUBE2 | トップページ | オーバードライヴ »