« ニューヨーク1997 | トップページ | ボーン・アイデンティティー »

2005/07/07

Mr. インクレディブル

incre ヒット作連発のピクサー製作のアニメーション。

現在は引退して、一般の人に紛れてひっそりと暮らす元スーパーヒーロー、Mr.インクレディブルとその一家。しかし、そんなMr.インクレディブルをつけ狙う一人の男が、巧妙な罠を張った。

「特殊チームもの」とでもいったジャンルの映画があります。射撃や爆発物、変装など特殊技能の持ち主が集められ、困難なミッションに挑む。古くは「ナバロンの要塞」や「大脱走」、最近では「オーシャンズ12」などもこれにあたるのだろうか。

この映画、原題は「The Incredibles」。つまり父であるMr. インクレディブルではなく、「インクレディブル一家」が主役であり、この一家が前述の「特殊チーム」なのです。父は怪力、母は変形、長女は透明化&バリア、長男は快速。それぞれの特殊技能を駆使しながら一家で悪に挑むのである。

映画を見た誰もが思うことでしょうが、なんといっても母・イラスティガールの魅力が印象に残ります。妻として、母として、もちろんスーパーヒーローとして、まさに縦横無尽の大活躍。文字通り手足が「縦横」に伸びるだけでなく、身体までも変形。一家の中でもっとも人間離れしている、いや人間とは思えないのがこのイラスティガールなのです。

実は私、今回初めてピクサーの映画を見ました。今までの動物主人公ものはいかにも子供向け(ディズニーブランドでもありますし)って感じで、いってみれば「眼中にない」映画だったのです。ところが何かの映画を見たときに、この映画の予告編を目にしたのです。

「ちょっと、このアニメ。なんで音楽が『女王陛下の007』なの!」そう、この映画、音楽が「007」ぽいのです(意図的にやってるみたいですが)。で、まじまじと予告編を見てみると、私の好きな「特殊チームもの」じゃないですか。で、劇場に足を運んだのです。

正直、恐れ入りました、この完成度には。

アニメとひとことでいいますが、私の知っているアニメとは次元の違う映像でした。わざと「アニメっぽい」絵柄にしていますが、グレードとしては最近のスター・ウォーズのCGと大差ないのでは。そして、さらにストーリーも面白い。笑える。ちょっとほろりとさせる。

ほんとにすごい映画でした。お願いだからディズニーとはやく別れて、本作のようにちょっと大人向けの映画を量産してください。とりあえず、本作の続編は絶対出そうな気がしますが。

#025

|

« ニューヨーク1997 | トップページ | ボーン・アイデンティティー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせて頂きます。

ピクサー作品はそんじょそこらのCGとは一味違うと思います。
用意周到な伏線と笑いをタイミングをみごとに盛り込みながらのストーリーには感動です。
これを機会にぜひほかの作品も観てくださいね。

あ、そうそうDVDでしたらDISC2に「ジャックジャック・アタック」というあの留守番ベビーシッターとジャックシャックがいったい何をしていたのかというショートもありますよ。ご覧になられましたか。
それに予告編の中には本編に使われていないシーンも入っているのでこちらも必見です。

※「ファンタスティック4」の情報もありがとうございました。大変なことになったようですが、見せ場が増えたと期待します(笑)。

投稿: ぽこ | 2005/07/07 23:02

ぽこさん、コメントありがとうございます。

DVDも購入しましたので「ジャック・ジャック・アタック」も見ましたよ。短編というよりも、本編のマルチアングルといった趣向でしたね。

> これを機会にぜひほかの作品も観てくださいね。

やはり「必見」でしょうかねぇ。
でも「ニモ」とかレジに持っていくのなんか抵抗あるなぁ。「モンスターズ・インク」にしようかな?

投稿: starless | 2005/07/08 21:25

「モンスターズ・インク」も傑作ですよ。
必見です!×好きなだけ(笑)

投稿: ぽこ | 2005/07/09 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/4843244

この記事へのトラックバック一覧です: Mr. インクレディブル:

» Mr.インクレディブル [活動映像の街]
社会にとけこむためには普通でなければ…。 それは多くのスーパーヒーローが世界の平和を守るために活躍していたとき…Mr.インクレディブルは今日も犯罪を解決するために孤軍奮闘していました。しかし自殺者を助けたときに相手を負傷させ、さらに同じ場所で銀行強盗をして..... [続きを読む]

受信: 2005/07/07 23:03

» ■Mr.インクレディブル [ルーピーQの活動日記]
 Mr.インクレディブルことボブ・パーと妻のヘレンは、かつて世の中の平和を乱す悪と闘い、人々を危機から救い出す大活躍をしていた。ところが、15年前のスーパー・ヒーロー制度廃止を機に、夫妻は一般市民として暮らすことを余儀なくされ、3人の子供たちヴァイオレッ..... [続きを読む]

受信: 2005/07/09 17:26

» ■〔映画評Vol.15〕『Mr.インクレディブル』(2004/ブラッド・バード) [太陽がくれた季節]
こんばんは~ この8月最後の日も残すところ後10分ほど、 おそらくは...8月最後のエントリーとなりそうです!((^^) *** さて、映画好きとしての自分自身を顧みて、 つい数年前までは特に好んで鑑賞することもなかった、しかし、現在では劇場鑑賞映画を選ぶ際、また、映画ソフトのレンタルや購入の際などに意識することの多くなった映画のジャンルが2つほどあります、 一つはドキュメンタリー映画であり、もう一つはアニメーション映画です、 後者のアニメーション映画に俄然僕の... [続きを読む]

受信: 2005/09/03 22:42

« ニューヨーク1997 | トップページ | ボーン・アイデンティティー »