« 見たい映画をつなぐタスキ | トップページ | CUBE »

2005/07/19

キル・ビル Vol.1

kill個人的に映画を見ることの少なかった90年代、そんな時期に現れた人気監督が、本作を手がけたクエンティン・タランティーノです。私にとっては今回がタランティーノ初挑戦となります。

結婚式中に襲撃され、半死半生の傷を受けた新婦「ザ・ブライド」。彼女から全てを奪った、かっての仲間である「ビル」率いる毒ヘビ暗殺団に対して、彼女は単身戦いを挑む。

本作は、「ザ・ブライド」が一人づつ暗殺団員に復讐を果たしながら、「ビル」に迫っていくストーリーです。

薄々覚悟はしていましたが、内容、世界観ともにめちゃくちゃ。リアリティーのかけらもないシーンがどんどん続いていきます。ところが意外と面白いんですよね。単なる刺激物だと割り切って、文字通り「何も考えずに」見れば結構楽しいのです。

思えばこういうストーリー展開って、小説で言えば「魔界転生」で有名な山田風太郎の「忍法帖シリーズ」でおなじみのパターンですよね。怪しげな技を持つ敵たちを一人ずつ倒しながら、最後に待つボスに迫る。RPGなら「中ボスの連戦から最終ボスへ」。好きな人にはたまらない展開です。

病院から脱出するところまで(時間にすれば30分くらい?)までは楽しかったんです。

ところが沖縄に舞台が移るあたりからどうもいけません。なにがいけないって、急にテンポが悪くなったのです。もともと中身なんかない映画なのに、じっくり描いてどうしようというのでしょう。服部半蔵のエピソードとコットンマウスの少女時代のアニメでスピードダウン。本来、見せ場になるはずの青葉屋大立ち回りも、同じような流血シーンが続くせいなのか、どうも時間が長すぎたように思えます。

結局コットンマウスを倒すのに1時間以上かかって、ここでVol.1終了。

沖縄のシーンを全部カットして、青葉屋は15分で終わらせ、残りの暗殺団も一人15分でじゃんじゃん倒して、1本で全部終わらせた方がよかったんじゃないでしょうかねぇ。

オタクの監督が好きにやらせてもらったあげく、悪くはないのに冗漫になってしまった、という意味では「マトリックス」と一緒ですね。

#029

|

« 見たい映画をつなぐタスキ | トップページ | CUBE »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

世界観は滅茶苦茶というか、これがタランティーノの世界と言いましょうか、でもそれが妙に面白いですね。
私は前半部分の戦いにちょっと「うっ」となっていたので、半蔵との変な(^^;会話はほっと出来たシーンでした。殺伐とした中であそこだけが休まる場所でした。
最後の戦いは確かに長いと思います。あそこで主人公がもっと必死になっていれば判るのですが…あれだけのてだれと戦うとなると普通は無理、やっぱり傷つきながらでも死に物狂いでボスへたどり着くというのがよかったかな。

最初観たときには、あと20分、え、もう15分しかない…10分…ホントに結局がつくのかーと思っていたら途中で終わったのにはびっくりしたものです。

投稿: ぽこ | 2005/07/19 22:41

あ、トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせて頂きました。(_ _)

投稿: ぽこ | 2005/07/19 22:43

コメントありがとうございました。

なんかこう中途半端な気がするんですよね。
アクションあり、笑いあり、シリアスなドラマあり、といろいろ詰め込むには、もとの映画が滅茶苦茶過ぎると思うんですよ。
もっと短時間で、すかっと見たい感じの映画でした。

投稿: starless | 2005/07/20 19:37

>starlessさん
TB返しとわざわざのコメントありがとう
ございました。
おたく魂炸裂でしたね。

投稿: http://tsukiakarinomai.ameblo.jp/ | 2005/07/25 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/5053953

この記事へのトラックバック一覧です: キル・ビル Vol.1:

» キル・ビル Vol.1 [活動映像の街]
雪舞う庭園で相対するのは…。 4年と6ヵ月前…テキサス州エルパソの小さな協会を襲った暗殺団。参加者は全て殺害され花嫁もお腹の赤ちゃんもろとも…しかし頭を撃たれながらも彼女は驚くべき生命力でまだ生きていました。4年後奇跡的に復活した彼女は、赤ちゃんを殺された..... [続きを読む]

受信: 2005/07/19 22:33

» キル・ビル Vol.1 [月影の舞]
「キル・ビル Vol.1」      2003年/ アメリカ    製作・監督・脚本: クエンティン・タランティーノ ?   出演 :? ユマ・サーマン、ルーシー・リューほか 「復讐」というテーマにもかかわらず暗さや陰陰とした 怨念がない痛快アクションもの。 痛快といっ... [続きを読む]

受信: 2005/07/22 11:11

» 映画 《 Kill Bill Vol.1 》< キル・ビル Vol.1 > 2003年 [お呼びじゃない?]
映画 《 Kill Bill Vol.1 》< キル・ビル Vol.1 > 2003年 私の勝手な評価 ★★☆☆☆ 日本の名優(?)千葉真一が<Sonny Chiba>という芸名で出演しています。なんですか<Sonny>って?Shinichiじゃ外人が発声しずらいので安易に、世界に知れる日本の家電メーカーSonyをもじって Sonnyですか。ちょっと悲しいです。日本の誇る千葉真一ですから是非Chiba Shinichiで通して欲しかったですね。まあそれは脇..... [続きを読む]

受信: 2005/08/09 07:22

» キル・ビル Vol.1 [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
おすすめ度:★★★★  映画公開当時話題になった作品なので映画館へ行くかどうか迷って結局行かなかった。その作品がレンタルショップで旧作になったのを見てすぐにDVDを借りて来た。  先に見たリーくんから血がドバッと出るわ、千葉真一さんが寿司屋のオヤジの役で出...... [続きを読む]

受信: 2006/01/14 11:19

« 見たい映画をつなぐタスキ | トップページ | CUBE »