« フロム・ヘル | トップページ | グイン・サーガ外伝18 消えた女官/栗本 薫 »

2005/05/11

スターシップ・トゥルーパーズ

starship ポール・ヴァーホーベン監督のSF映画。凶悪な昆虫型エイリアン「バグズ」と地球連邦機動歩兵軍との戦いを描いたもの。

一応原作有りなのですが(ロバート・A・ハインライン「宇宙の戦士」)、内容はほとんど関連が有りません。ちなみに映画の機動歩兵は普通の歩兵なのですが、原作の機動歩兵は、いわゆる「パワード・スーツ」を装備した部隊という設定になっていて、これがガンダム等「モビルスーツ」の元祖である、という説もあるそうです。

映画版の機動歩兵がただの歩兵なのは、「バグズ」製作で予算を使い果たしてしまい、そっちまでお金が回らなかったためらしいです。

この映画での地球は、いわゆる「軍国主義」的な政治体系となっていて、映画の内容も一見非常に「好戦的」なものとなっています。この点を「戦争賛美映画」ととらえるか、反面教師としての「反戦映画」ととらえるかは、人それぞれなのでしょうね。

わたしとしては、軍国主義の「こっけいさ」を笑い飛ばすことで、戦争のばかばかしさが充分に描かれていると思うのですが、いかがでしょうか?

もうひとつ、この映画の大きな特徴が、戦闘(殺戮?)シーンの悪趣味さでしょう。バグズも歩兵も、ばらばらになって画面を飛び交いますので、その手のものが嫌いな方は要注意です。

この「悪趣味さ」で「反戦メッセージ」をくるんでいるので、人によっては「反戦メッセージ」に行き着く前に「もう結構」となってしまうのかもしれません。

当時映画館でこの映画を見たときには(わざわざ見に行ったんですね、私)、戦闘シーンを見て「とんでもないもの見せられちゃったな」とげんなりした印象があるのですが、このたび再見したところ、意外にそうでもない。「2回目だから慣れたのかな?」と考えたところ、はたと気が付きました。

「プライベート・ライアン」と比べたら、ぜんぜん平気だ。

#006

|

« フロム・ヘル | トップページ | グイン・サーガ外伝18 消えた女官/栗本 薫 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/104162/4075049

この記事へのトラックバック一覧です: スターシップ・トゥルーパーズ:

» プライベート・ライアン [「プライベート・ライアン」]
プライベート・ライアンプライベート・ライアン(Saving Private Ryan)は1998年に公開された映画。ドリームワークス作品。史上最大の作戦といわれたノルマンディー上陸作戦を題材にしている。冒頭から始まる20分間に及ぶオマハ海岸における戦場のリアルなシーンが話題を呼んだが、実際は長髪のド...... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 03:13

« フロム・ヘル | トップページ | グイン・サーガ外伝18 消えた女官/栗本 薫 »